The Killing Moon

securedownload201710041.jpg


早いもので10月だ。ワイシャツが長袖になった。しかしまだ昼間はそこそこ暑くて、扇風機を片付けるタイミングをうかがっている。

今年もあと三ヶ月かと思うと、時の過ぎ行く早さを感じてならない。年齢を重ねる程に、一年が過ぎるスピードが速く感じる。それは完全に気のせいなのだけれど。



securedownload201710043.jpg

近頃は、毎晩こんな感じで、だいたい23:00くらいまで。
特に締め切りがある訳ではないのだが、今年中にまとめておきたい諸々を毎日毎日飽きもせず。仕事で一日PCに張り付いた後、帰宅してまでPCの画面を見たくない気もするのだが、まあ楽しい時間だったりする。録画したテレビ番組が溜まる一方なのが、少し気になっている。




securedownload201710042.jpg


月が綺麗だと思ったら、中秋の名月だそうで。

張り切って団子を買ってみたのだが、あまりお腹が減っていないので、明日にでも食べようと思う。


ベランダでぼんやりしながら野菜ジュースなんか飲んでいる。高い音の耳鳴りは気になるが気にしない。気にしても仕方ないから。

夜風が心地よいのを通り越して、少し寒いくらい。やはり時が巡るのは思った以上に速いみたいだ。一度部屋に戻って、ネルシャツを羽織り、月を探した。月明りは差しているものの、角度的に月は見えない。

闇に引き込まれそうな気持ちになるが、それを振り切り、現実的なことをあれこれ考えてみる。

あと数時間すれば、ベランダからも月は見えるであろうが、それを待たずに眠ろう。

10日は弊社支払日、そして今月は決算。
頑張って乗り越えないとね。

闇、月明り、闇。
夜、夢、朝、現実。



Echo and the Bunnymen - The Killing Moon



浪花のモーツァルト

migkidataro.jpg


私にとってのキダ・タロー氏は、「ナイトスクープでよく見るおじさん」なのだが、関西圏に住んだことがない私でも「とーれとれ、ぴーちぴち、かに料理~♪」とか歌えてしまうのは謎である。

ローカル色豊かなCMソングや番組の主題歌には、とても趣がある。ここで言う「ローカル」というのは、「≠都会」という意味ではない。東京にだって関東ローカルのCMは沢山ある。

何気ない日常に、いつのまにか浸透し、部屋の掃除なんかしていると、ふと口ずさんでしまう歌やメロディ。そういうのが、真のポピュラーミュージックと言えなくもないのではないか。



キダ・タロー先生名曲紹介






'78-92 関東ローカルCM集vol.12




I wanna be your dog

securedownloadhassennn0918.jpg


「三連休初日 Oh Yeah!」と思っていたら、弊社年に一度の大イベントである方針発表会と重なってしまった。グッバイ三連休。

正直、とても苦手な雰囲気だ。どこに居ても、なんとなく落ち着かない。

自分はサラリーマンには向いていないと思う。でも、他に何かやりたいことがあるわけでもないし、何ができるってわけでもない(「できている」とも思っていないけれど)。それでも生きていかなくてはならないので、なんとか毎日をやりくりしている。常にアウェイを感じながら、見えない岩にでもしがみついている気分だ。

そんなことすら考えないようになりたい気持ちと、何も感じなくなったらオシマイだという気持ちが同時に存在している。

securedownloadyuuug0918.jpg


その辺りの折り合いは、おそらくこの先もつけられないであろう。根拠はないが、そんな気がする。

でも、それでいいのだ。当たり前を当たり前として認める勇気、適応する努力。

ステルス迷彩みたいな日々を過ごそう。


誠意
実行
責任


弊社の社是である。





SOU / BUTTERFLY

85ac21_e9628c47371348c09b1ab126541883f7.jpg


SOU(大阪・ゴシック/インダストリアル)のアルバムにギターで一曲、リミックスで一曲参加しました。で、8/29にリリースされました。自分の音がCDになるのは何年振りだろうな。

仕事の合間の作業は辛くもあったけれど、楽しい時間でもあった。そして、欲しい物(主に機材)が増えた。


アルバム詳細ページ

Online Shop




SOU - Dは絶望のD (short ver.)




DIcsB5SVwAAkOpq.jpg

次回ライブは大阪北堀江CLUB VIJON。
あのマダムエドワルダをはじめ、対バンも豪華!

いつかステージに帰ってみたい。
叶うなら。
いつか。

音楽でメシは食えなかったけれど、メシを食いながら音楽はできるかもしれない。
そのためには、もっと頑張らないと。
仕事も、体調管理も。
お金と、時間と、健康な身体とメンタルが必要だ。

なんて思う今日この頃です。






8月の佐世保・下

寒気がして目が覚めた。暑いのに寒い。なんだこれは?喉がカラカラだ。冷蔵庫からお茶を出して飲もうとした。手に力が入らない。

ああ、完璧に熱あるなコレ。

ホテルのフロントに電話をかけて、体温計を借りる。37度5分。あれ?思ったほどでもないぞ。この感覚、38度オーバーだと思ったんだけどな。エアコンを消して、布団にくるまって眠った。明日の朝には復活していますように。

早々にホテルをチェックアウトした。緩やかな坂道を下りながら、まだ迷っていた。このまま博多行きのバスに飛び乗るか、池島に向かう船に乗るか。

「ここまで来たんだ!行くしかねえだろ!」


DG-0ssKUMAA_ixI.jpg


池島の炭鉱開発は昭和27年より着手され、昭和34年より営業出炭を開始した。炭鉱開発前、小さな漁村集落しかなかった池島は、炭鉱の操業開始とともに飛躍的に発展し、島の人口も最盛期には8000人近くを数えた(昭和45年)。

国内の炭鉱は昭和30年代から40年代にかけて、エネルギー供給の主体が石油に移る「エネルギー革命」と単価が安い外国炭に押されて厳しい経営を強いられ、残存炭鉱は次々と閉山に追い込まれた。そのような中で、池島炭鉱は国の石炭政策のもとで最期まで生き残りを図り、労使協調のもと保安確保を大前提として着実な操業を続けたのだが、約3倍にも及ぶ内外炭の価格差などにより、炭鉱の経営維持が困難となり、平成13年に閉山した。



securedownloadikr01.jpg

周囲約4km、人口159人の島に降り立つと、出迎えてくれたのは猫だった。


securedownloadike02.jpg

くまモン的な何か。



securedownloadike03.jpg


securedownloadike04.jpg

トロッコ?かな。



securedownloadike05.jpg


securedownloadike06.jpg


securedownloadike07.jpg


securedownloadike08.jpg


securedownloadike09.jpg


緑に侵食されている住宅が多い。


20768024_842004359286072_8369676087831437484_n.jpg



20729187_842004352619406_715407174844044680_n.jpg

住宅だけじゃないな。謎の設備も。



securedownloadike10.jpg


もう何年も誰も乗っていないであろうブランコ。少し寂しくなる光景だ。


securedownloadike11.jpg


securedownloadike12.jpg

まー暑いよ。
体調も悪いよ。



securedownloadike13.jpg

しかし、食べないと体力が奪われる一歩なので、島で唯一の飲食店でトルコライスを食べた。かなりのボリュームであった。

体調が悪い旨を伝え、エアコンの効いたお店の中で休ませてもらうことにした。ウトウトしたり、目を覚ましたりしているうちに、少しだけ調子を取り戻した。

お店の人と、いろいろな話をできたのが嬉しかった。私は何気なく「ここを廃墟の島だと言うのには抵抗がある。ここで暮らしている人たちもいるじゃない。おばさんだって、そうでしょ?暮らしている人達は、良い気分にはならないんじゃねえの?」という意味合いの言葉を発した。おばさんは「そうやねえ…」と、少し悲しそうに笑ったように見えた。気のせいかもしれないけれど。



securedownloadike14.jpg



securedownloadike15.jpg


securedownloadike16.jpg




securedownloadike17.jpg

体調は最悪で、とてもじゃないけどゆっくりしか歩けなくて、炎天下の行軍は辛いといえば辛かったけれど、来てよかったと思う。



securedownloadike18.jpg


いつかまたこよう。

ありがとう池島。




haunted days

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search