FC2ブログ

こちらスネーク。大佐…聞こえるか?

--とあるデザイナーさんの日記へのアンサーも含め--

こんばんは。濃紺です。

今、この瞬間、私はPCのキーボードを叩いている。
このブログを御覧の方の殆どが、目の前にキーボードがあると思うのだが、ちょっと自分のPCのキーボードを御覧頂きたい。

「結構汚れてない?」

世の中には黒いキーボードも沢山あるが、我が相棒「瀕死mac」のキーボードは白である。
コレが何だかんだで、よく見るとそれなりに汚れているのである。
黒いキーボードをお使いの方も、決して楽観できない。
キーボードは汚れるのである。


特別キレイ好きという訳ではない私だが、数カ月に一度はキーボードをバラして掃除する。
マイナスドライバーを使い、「てこ」の原理でキーを全部外し、ボロ布に中性洗剤のお湯割りを染み込ませては、1つ1つを丁寧に拭いていく作業は、なかなか骨が折れる。心なしか、性格も暗くなってしまいそうな地味な作業だが、拭き終わったキーの数が半分を超えたあたりから、だんだんハイになる。恐らくこの時は、脳みそから変な汁が出ているのだろう。



取り外したキーを拭きながら、テーブルの上に順番に並べる。
これを怠ると、後でひどい目に合うので、決して気を抜けない。

それが終わると、キーボード上部のカバーを外す。
「うええ、汚ねえ」
以前はタバコの灰がビッシリと詰まっていたものだが、最近はタバコは換気扇の下、もしくはわざわざ部屋の外に出て吸っているので、灰はないのだが、それでもホコリ、髪の毛、お菓子のカスなどが出現する。これを外に持って行って、裏返しにしてバンバン叩く訳だ。

「うーむ。気を付けているつもりでも、やはり隙間があれば細かいモノの侵入は食い止められんな…」

私はそう呟きながら、キーを外したキーボードを見た。

「こ…これは?!」

その毛は明らかに髪の毛ではなかった。
ちょっぴり言いにくいのだが、その毛は縮れていた。

「何故?何故お前がココに…」

キーボード上に髪の毛が落ちることはあっても、縮れた毛が落ちる状況は考え難い。

「これはミステリーだ。私を陥れる為の、誰かの陰謀なのか?」

いや。
それは決して陰謀ではなく、只の陰毛だ。


一体いつ、どのようにして君は侵入したのか?
どこぞの国の諜報機関の優秀なスパイだろうか?
PSのゲームに例えれば、メタルギアで言うところの、ソリッド・スネークばりの見事な隠密行動である。



以前も書いたかもしれないが、とにかくコイツは神出鬼没である。
決して陽の当たらない場所にいるはずの悲しいソルジャーであるはずなのに、何故かとんでもないところにとんでもないタイミングで現れるのが、コイツの特徴だ。

「むむう…」

私はやり場のない怒りに震えた。
それなりにマメに更新してきたつもりのこのブログ。
その更新作業中にも、コイツは私の指先の下で、じっと身を潜めていたのである。
それは、私自身と、このブログを御覧の皆様に対する冒涜と言っても過言ではないであろう。

私はキーボードを小脇に抱えて外に出ると、裏返してバシバシと叩いた。
ホコリが舞って、夜風にとけていった。

「グッバイ…縮れ毛くん…」

少しだけ落ち着きを取り戻した私の脳裏には、新たな疑問が生まれていた。

「そもそも陰毛は何の為にあるのか?」という疑問である。

髪の毛でもまつ毛でも、それは大抵「大事なところを守る」という命題がある。
「生殖器と、その周辺を守る為」それも一理あるだろう。
しかし、たかが毛に如何程のディフェンス能力があると言うのか?
そんなんで守れると思ってる訳?この地球(ほし)をさ。
第一、守る事を放棄して、キーボードの中に潜入するなんて…やる気あんの?

ざっと検索してみると、陰毛の存在意義とは、それは性器の存在を知らせるとか、保護するとか、性交時の肌の摩擦を軽減するとか、男女の恥骨の衝突を和らげるとか、アポクリン腺から出るフェロモンを付着させるためとか諸説紛々でよく分かっていないそうだ。何だそりゃ。

それでもキレイになったキーボードは、やはり気持ち良い訳で。



++関連リンク++
陰毛-Wiki




朽木の灯/ムック

KORN以降のHEAVY/LOUDの影響が強く感じられつつも、(間接的なものであれ)歌メロは70年代フォーク~中島みゆき的なのが面白いところ。

このサウンドアプローチだと「とりあえずラップ」な手法に行きがちなのだが、時にベタ過ぎる(?)メロディーを前面に打ち出す姿勢には好感が持てる。









スポンサーサイト



コメント

神出鬼没ですね。
大学の研究室の机の上でヤツを発見した時は何だか微笑ましくなりましたが…。
私のPC買って5年、一度も掃除してません。
潜伏している可能性ありですね。

ノートパソコンなんですど・・・。

バラします?


怖いんですけどww


すんげぇ汚いです・・・。


で?



バラすんですか?


これを?




ムリポww

■二野さん
研究室の机の上というのは、なかなかシュールです。
5年というと、それなりの数のチームが潜入しているかもしれません。
迎撃せよ!(笑。

■おっささん
ノートの場合は。。。
キーの隙間に舌を入れて、優しく激しく吸ってあげてくださいw
非公開コメント

haunted days

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

08  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search