FC2ブログ

ピンホール

突然だが、皆様は視力に自信があるだろうか?

私自身、普段は眼鏡をかけているのだが、周りを見渡しても、眼鏡orコンタクト愛用者は結構多いような気がする。

100円ショップにライター用のガスボンベを買いにいった際、見つけたのはコレだ。


『視力トレーニングメガネ』

これは一体何なのか?



形状を説明すると、この眼鏡にはレンズは入っておらず、フレームにはプラスティックの薄い板が張り付けられており、そこには直系1mm程の穴がいくつも開いている。

パッケージ裏の説明書きによると

トレーニングメガネとは…

ピンホール原理を使った画期的なメガネです。

ピンホール原理とは、小さな穴を通った限られた光が屈折しないで網膜に届くので、モノにピントが合いやすくなる現象です。この現象により、目のピントを合わせる時に使われる毛様体筋(水晶体の厚さを調節する筋肉)が、正しく働きやすくなります。
この原理をもとに、近視・乱視・老眼等の矯正やそれらの予防の為のトレーニングとして、眼科などで広く応用されています。

とある。

うむ、なるほど。理屈はわかった。
どうせ100円だ。私はこれを購入すると、家に帰り、さっそくこの眼鏡を装着してみた。


こんな感じだ。

一見ただのサングラスに見えるが、いくつも開いたピンホールから対象物を認識しているだけだ。
しかし、このフレームの感じの微妙な古さは泣かせる。久々に映画『マトリックス』が観たくなってしまった。



で、実際の効果の程はどうなのよ?と言うと、例えば壁に掛けられた時計を見ると、確かに裸眼の時よりよく見える。思わず「ピンホール先輩、アンタすげえよ」と呟いてしまった程だ。

しかし、黒いプラスティックに小さな穴が開いているだけなので、いかんせん視界が暗い。
また、ピントの合い方がこれまた微妙なので、例えば手元にある活字や、PCのモニタを眺めると、裸眼の方が遥かによく見えるという厄介なシロモノだ。これでは眼力を鍛えているんだか、目を疲れさせているんだかよくわからない。

パッケージには「1日3分間の着用で視力を鍛える!」とある。
何だか胡散臭いなと思いつつ、しばらく続けてみようかと思う。



Sophisticated Boom Boom/DEAD OR ALIVE

「オカマディスコ」と言うことなかれ!
懐かしのデッド・オア・アライブ。

何故か往年のディスコクラシック『That's the way』のカバー収録。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

haunted days

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

08  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search