FC2ブログ

future for

61zRhzmKKoL.jpg





1977年の5月27日は、イギリスのパンク・ロックバンド、Sex Pistolsが2枚目のシングル「God Save The Queen」をリリースした日だ。今から41年も前のことで、当時私は5歳であるから、それが相当昔の出来事であることは明らかだ。

初めてPistolsを耳にしたのは中学生の時で、なんだかよくわからない衝撃を受けた。パンクという実態のない怪物に飲み込まれた気分で、それがどんどん輪郭を増していったのは、高校生になった頃だろうか。だが今でも「パンクとは○○である!」という明確な定義はよくわからないし、おそらくその答えは永遠に出ないと思う。

「God Save The Queen」の歌詞の中では何度も「No future, no future, no future for you」と繰り返される。

10代半ば頃から、なんとなく未来に期待はしていなかったし、30歳くらいで自分は死ぬのだろうとぼんやり思っていた。

「No future, no future, no future for you…」繰り返し呟きながら歩いた通学路、あるいは通勤路。または行き場のない気持ちを持て余し過ごした時間。未来なんて…。


twlitIMG_6961.jpg



そんな自分も気付けば46歳だ。今でも「No future」と強く思っているわけではないが、物凄く明るい未来を思い描いているわけでもない。


そうか。
未来ってのは、あの頃思っていた「今」なのか。

そして、「今」思う未来は。
まだずっと先とも言えるし、極端な話、明日だって未来だ。

No future, no future, no future for you
Future, future, future for.........

さて未来、どうしてやろうか。





Sex Pistols - God Save The Queen





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search