赤い花

redflwIMG_7114.jpg


母は67歳にして認知症が進行している。

一人で日常生活を過ごすことも困難だ。スーパーで買い物をすることも厳しいし、もう私の名前を漢字で書くことはできない。

「…あなたは誰ですか?」と言われる日も、そう遠くない未来にやってくるのかもしれない。その時が来るのをぼんやりと覚悟はしているのだが、イマイチ実感がない。

仮にその時が来たとして、自分は母親に対して愛情をもって接することができるのだろうか?どんな状態でも母は母であることに変わりはないのだが、自分の子として認識されなくなった時、母にとっての私は、「息子」ではなく「誰か」になってしまうのだ。

両親と良好な関係を築けないまま大人になった。大事な何かが抜け落ちているような気がしている。

それでも、抜け落ちた何かを埋める術を少しでも探さないと後悔するようにも思える。

何ができるのだろう?
大したことはできないけれど。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search