ページを捲る、紙の手触り

DFA8EIPVwAInDC4.jpg


夏に発売されたSOU(大阪・ゴシック/インダストリアル)のアルバム『BUTTERFLY』に、ギターとリミックスでそれぞれ一曲ずつ参加した。





journal1028.jpg


で、そのアルバムのディスクレヴューが、今、本屋さんに並んでいる雑誌「CDジャーナル」に掲載されております。沢山ある小さなレヴュー群のひとつなのだけれど、何だか久しぶりだな。こういう感覚。「雑誌に載って、すごく嬉しい!」とまではいかないのだけれど、「ああ、ホントに売ってんだな。ギター何度も録り直したな」なんて、しみじみ振り返るわけですよ。そして、じわじわと現実感が増すのです。


パッケージとしてのCDも、紙媒体としての音楽雑誌も、もしかしたら少々時代遅れになりつつある「モノ」なのかもしれない。発売される音楽は確実に配信に移りつつあるし、情報はネットでいくらでも収集できる時代だ。自分自身、CDを買うことはほとんどないし(データで売っていないものは買うけれど)、音楽雑誌を手に取ることも、ほぼないのが正直なところだ。


そこにおいて、現物としての音楽CDや雑誌(アーティストの写真集等も含む)なんかが、これからどういう位置づけになるのかは、非常に興味深い。あくまでも広告の為の手段になるのか、コレクターズアイテム的な捉えられ方をするのか、どちらかであろう。

商品としての視点なのか、作品としての視点なのか。作る側、売る側、購入して楽しむ側。それぞれの利益や歯車が合致した時に、また新たなスタイルが誕生するのかもしれないね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search