The Killing Moon

securedownload201710041.jpg


早いもので10月だ。ワイシャツが長袖になった。しかしまだ昼間はそこそこ暑くて、扇風機を片付けるタイミングをうかがっている。

今年もあと三ヶ月かと思うと、時の過ぎ行く早さを感じてならない。年齢を重ねる程に、一年が過ぎるスピードが速く感じる。それは完全に気のせいなのだけれど。



securedownload201710043.jpg

近頃は、毎晩こんな感じで、だいたい23:00くらいまで。
特に締め切りがある訳ではないのだが、今年中にまとめておきたい諸々を毎日毎日飽きもせず。仕事で一日PCに張り付いた後、帰宅してまでPCの画面を見たくない気もするのだが、まあ楽しい時間だったりする。録画したテレビ番組が溜まる一方なのが、少し気になっている。




securedownload201710042.jpg


月が綺麗だと思ったら、中秋の名月だそうで。

張り切って団子を買ってみたのだが、あまりお腹が減っていないので、明日にでも食べようと思う。


ベランダでぼんやりしながら野菜ジュースなんか飲んでいる。高い音の耳鳴りは気になるが気にしない。気にしても仕方ないから。

夜風が心地よいのを通り越して、少し寒いくらい。やはり時が巡るのは思った以上に速いみたいだ。一度部屋に戻って、ネルシャツを羽織り、月を探した。月明りは差しているものの、角度的に月は見えない。

闇に引き込まれそうな気持ちになるが、それを振り切り、現実的なことをあれこれ考えてみる。

あと数時間すれば、ベランダからも月は見えるであろうが、それを待たずに眠ろう。

10日は弊社支払日、そして今月は決算。
頑張って乗り越えないとね。

闇、月明り、闇。
夜、夢、朝、現実。



Echo and the Bunnymen - The Killing Moon



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search