ノー・コントロール

What do you call that noise ?

freeze  

結婚してから半年ちょっと過ぎると、お互いのライフスタイルや価値観の細かな違いが見えてくる。

今、住んでいるマンションは、24時間営業のスーパーからとても近いこともあり、基本的に毎日自炊である。外食はほとんどしない。コンビニ弁当も前回いつ食べたのかわからない。特に当番制にはしていないが、夕食はどちらかが作る。

以前から思っていたことなのだが、妻には「冷凍して保存する」という概念があまりない。結婚前から、冷凍庫には冷凍食品とアイスクリームが2~3個入っているのが常であった。

一方、私はというと、例えば肉が安い日は、一番大きなパックを買い、自宅でラップに包み小分けして冷凍保存するタイプだ。鮭の切り身なども同様。出勤前に、その日の夕食に使う分を冷凍庫から冷蔵庫に移しておけば、調理するころにはイイ感じで解凍されているという塩梅だ。

私は「肉は安い時に買うべきで、冷凍保存をもっと有効な手段として行使するべきだ」と大演説した。妻は解ったような解っていないような顔をしていたが、この法案は可決した。アイスクリーム置き場が食材を保存する場所になった瞬間だ。革命である。

しかし、そこで新たな問題が発生した。在庫管理である。冷凍しておけば、賞味期限は永遠というわけではなく、食材だって「冷凍焼け」する。新鮮さはハナから期待していないが、劣化は最小限に食い止めたいところだ。


curry0617.jpg


今朝、なんとなく冷蔵庫の中を整理していると、約3か月近く前の肉が発掘された。まあ、食えなくもないだろう。煮込めばなんとか。そうだ、今夜はカレーにしよう。カレーにしてしまえば、時が止まり放置された肉も、そこそこまあまあな仕上がりになると思う。


給料日前は、なんとなく節約モードになる。カレーもしばらく作っていなかったので、丁度よい。この週末はカレーで過ごせば良いのだ!…と私は思うのだが、妻には「作り置き」という概念もあまりない。あったらあっただけ食べてしまうのだ。

先日などは、煮込みハンバーグを8個作って、「これで2日過ごせるな」と思っていたのだが、妻は一気に5個食べてしまった。「お前は大食いファイターか?!」とも思ったが、「ああ、美味かった。オラはもうお腹いっぱいだ!」と満足げな顔をしていたので、当初の予定は白紙になったが。それはそれで良しとすることにした。

そろそろスーパーに配送されたばかりの野菜が陳列される時間だろうか。最小限の出費で、できるだけ美味しいカレーを作ろう。肉はワインと水1:1で煮込んで下ごしらえしよう。

朝から缶ビールを飲みながらカレー作り、それもまた良い休日である。







スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/2427-bc4cce73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■