Back on my Feet

「死」に対する概念やイメージが、ここ一年くらいで劇的に変化しつつある。

どこかに、「自分には関係ないや、自分が死ぬとしたって、そんなのまだまだ先だし」そんな思いがあったのだが、白黒の映像に、どんどん色がついていく感じで、「死」というもののリアリティが増してきているのだ。

人はいつか、必ず死ぬ。
絶対に。

だからこそ、とても安直に死をテーマにした、さまざまなものに対し、嫌悪感を抱くようになった。安直なのね。薄っぺらいやつね。

「どう生きていくか」と、「どう死んでいくか」。
その違いについて、さっきから考えている。
自分はまだまだ生きていたい。
毎日はイヤなことの方が圧倒的に多いのに、そう思う。

やりたいこと、会いたい人、行ってみたい場所、食べたいもの…とか。
それらが尽きるとは思えないのだ。

明日も生きましょう。





Boom Boom Satellites Back on my Feet (live)

最初から最後まで「新しかった」。
物凄く刺激的だった。
真夜中に、砂ぼこりの中で踊り狂ったことは、この先も忘れない。
どうか安らかに。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search