何目線

博多は「どんたく」の季節。
夏の前ぶれを感じさせる、爽やかな季節であるが、私自身、「どんたく」が何なのか?いまいち理解してはいない。


ご当地アイドル、百花繚乱の昨今、博多にもご当地アイドルちゃんが何組かいて、博多駅前のステージでは、この春メジャーデビューした、ばってん少女隊のライブがあるというので、観てみることにした。


hktstaIMG_3609.jpg


歌い踊る少女たち。
ご当地アイドルらしい「どことなく垢ぬけていない感じ」に、逆に親しみがわいた。

そして、私は自分の中のある感情に気付いた。

仮に、仮にの話でしかないのだけれど、例えば大学を卒業後、三年くらいで結婚し、30くらいで子供が生まれていたとしたら、ステージ上の子達と同じくらいの年齢の子供の父親だったのだな…。

今の自分の暮らしは(いろいろとアクシデントはあったとはいえ)自分の選択の上に成り立っている。そりゃ、後悔の数だってそこそこあるけれど、「納得」はできているつもりだ。

きっと私は「父親」になることなく人生を終えるだろう。
それは生き物として、どこか間違っているような気がしないでもない。そこにおいては「後ろめたさ」に、少し似た感情もある。ましてや、そんな生き方を正当化する言葉を探そうとも思わない。

ステージの上、良い意味で「普通」を感じさせながら、飛び跳ねる彼女たちを、勝手に「見守っている」ような気持ちになっていた。

パラレルワールドを考えだしたらキリがないのだけれど、こういう気持ちが自分の中に芽生えること自体に、自分でも少し驚いた。

何だか考えさせられた出来事だった。
しかもアイドルちゃんに。
それもまた、びっくりである。





ばってん少女隊 - おっしょい!
歌詞がバリバリの博多弁なので、聞き取れない箇所がいくつかある。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search