チェリーブラッサム

この時期、世の中には「桜ソング」が溢れるのは毎年のことだが、あまり心動かされることはない。

上手く言葉にできないのだけれど、意図的なものと恣意的なものの絶妙すぎるバランス配合が、逆に鼻につくからだ。

「素直に感動すりゃいいじゃんよ~」と、自分でも思うのだが、どうもその形骸化した世界観や言葉選びに、途端に醒めてしまうのだ。自分が歳を重ねたせいもあるのだろう。

だがしかし、決して桜が嫌いな訳ではないし、好きな「桜ソング」だって、あったりもする。


sakuraIMG_3539.jpg


今シーズン、初めて、「立ち止まって」桜を見上げた。

最近、少しばかり忙しかったような。

気持ち的にも、あまり余裕がなかったな。


sakuraIMG_3540.jpg

草野球を眺めたりしてね。

そういや、春のセンバツ甲子園は、いつのまにか終わっていた。結局どこが優勝したのかも知らないままだ。

ビール飲んで昼寝して、溜まっている録画を消化して。
散歩して、料理して。

久しぶりに、のんびりとした日曜日を過ごせて満足である。

なにかとバタつきがちな季節であるが、また明日から。





松田聖子~チェリーブラッサム

財津和夫作曲。
計算しつくされているのか、天から舞い降りたメロディなのか、全く分からないところが素晴らしいと思う。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search