唐津 その3

mtbr_2863.jpg


虹の松原に行ってみた。




mtbr_2866.jpg


17世紀のはじめ、唐津藩の藩主である寺沢広高が新田開発の一環として、防風林、防砂林として植樹を行った。

日本三大松原のひとつで特別名勝に指定され、日本の白砂青松100選、日本の渚百選、かおり風景100選、日本の道100選にも選ばれている。玄海国定公園の一部。長さ約5kmにわたって弧状にクロマツの林が続く。



mtbr_2868.jpg


しばらく道路沿いに歩いていたのだが、歩けど景色に変化がなく、5分くらいで飽きてきた。


そして、私がとった行動は、『松林の中に入ってみること』だった。

しかし、それはそれで、やはり歩けど歩けど松林であり、そのうち方向感覚が狂ってきたし、距離感も分からなくなってきた。いったいここはどこなんだ?


こんな時は慌てずに、iPhoneでGoogle Mapを起動!

あれ?

iPhoneが現在地を取得しない。

「電波が届かないところ」って、久々に来たな!
そこで芽生える、少しばかりの不安感は、現代人ならではだ。


mtbr_2870.jpg


松林を進む。
気付けば額と背中に汗が滲んでいた。
喉が渇いて仕方ないが、ペットボトルの中のお茶は残りわずか。
コンビニは?自販機は?
だからここは松林。
一体どこまで行けば…?

と思っていると、




mtbr_2871.jpg




誰もいない海に出た。




mtbr_2872.jpg


落とし物か?
それとも、打ち上げられたものか?


mtbr_2873.jpg


結構長いこと、海を眺めていた。

「海を見ると、自分の悩み事なんて、ちっぽけなものに感じるよね!」というのが、お決まりのパターンだと思うが、この日の私は、とてもそうは思えず、ココロの片隅に、何かがひっかかったままだった。

ひっかかった「何か」は、いつか消えてなくなるのだろうか。

そうであって欲しい。


map_2874.png

iPhoneの電波は復旧していた。

人里は近い。

「帰るか」

この日、私の中で、今年の夏が終わった。




JUDY AND MARY - DAYDREAM



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search