唐津 その2

腹も満たされたことだし、さて、どこに行こう?



boat2857.jpg

駅にあった観光案内所で、適当にもらってきたパンフレットの中に、競艇場の案内が紛れ込んでいた。
めくってみると、競馬新聞のような感じだ。
旅先でギャンブルに興じるのも悪くない。悪くないのだが…。
性格的に、瞬間的にアツくなるところがあるのは自覚している。
キャッシュカードは財布に入っているものの、最悪、旅先で大貧民になる可能性もあるので、ボートレースはやめておいた。



krtj_2850.jpg


んー…。

やはり行くならあそこだな。

目指すは唐津城!


krtj_2855.jpg

エレベーターが設置してあるのだが、あえて石段を登った

結構高いところにあるんだな。


krtj_2856.jpg


斎藤茂吉も、この海を見たのか。

教科書に載っている人が見た海を、時を経て自分が今眺めているのは、不思議な感覚だ。



krtj_2862.jpg


傷んだ石垣の修復ぶりが素晴らしい。




krtj_2859.jpg


かっこいいなー。
お城はかっこいい。



edojou1048.jpg


そういや、ススキノに「江戸城」ってソープランドがあったのだけれど、あの外観はマヌケだったな。


閑話休題。


krtj.jpg

曇り空だけれど、いい景色。



krtj_2861.jpg

面白い形の島。
日本むかし話で描かれる「島」って感じ。
冒頭の古い絵図にも描かれていた島だな。



唐津城、派手さはないかもしれないけれど、好きな雰囲気だ。
競艇場に行かず、ここに来てよかったと思う。



次回、唐津の旅シリーズ、怒涛の最終回!

『濃紺、危機一髪!今どき携帯の電波が届かぬ道なき道の果てに、何を見たのか?!』


+++つづく+++



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search