台風クラブ

ドアを押したら、強風に押し返された。
暴風雨モーニング。
地下鉄はかろうじて動いていたが(一部区間を除く)、JRもバスも運行を見合わせていた。

タクシーを拾おうと思ったが、いつもの朝よりも明らかに交通量が少なく、たまに通るタクシーは、全て先客を乗せていた。



rainpk0825.jpg


気休めの雨合羽を脱ぎながら見回すと、オフィスにはいつもの半分くらいの人しかいなかった。

まあ、そりゃそうだろうな。

いつも昼食を頼んでいるお弁当屋さんは、今日は配送をとりやめたらしい。

まあ、そりゃそうだろうな。

昼時のコンビニの棚には、あまり選択肢がなかった。

まあ、そりゃそうだろうな。



熊本の営業所は、停電で全く仕事にならなかったそうだ。

福岡市は、夕方にはいつもの落ち着きを取り戻したのだが、台風に翻弄された一日だった。


台風の日は、何とも例え難き気分になる。
ワクワクでもなくドキドキでもなく。
決して「楽しい」わけでもなく。
言葉にすることの出来ない想いが渦巻くのは、自分だけだろうか。






NUMBER GIRL x TAIFU CLUB

この映画、43歳の今観たら、自分は何を感じるのだろう。
内容はほとんど覚えていないのだが、ひっかかる「何か」があったことだけは、強烈に覚えている。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search