窓の外は遠い街

幼い頃から引っ越しが多かったので、自分には「故郷」という概念がない。
「故郷」をどう定義づけるかにもよるのだけれど。
さしあたり、両親の出身地には全く思い入れはない。

「住めば都」とは思っていない。
自分に合う街と合わない街はあると思う。

「最終的に、俺はどこに行くのだろう?」

帰る場所のない私は、大学を出たあたりからずっとそう思ってきたのだが、最近、それももうどうでもよくなってきた。投げやりな感じではなく、前向きな意味で。

それに、インターネットや携帯電話もあるし、以前に比べて、あまり「距離」を感じなくなった。

例えば、福岡は昨夜、深夜に地震があったのだけれど、名古屋に住む友達から地震直後にLINEが入った。

「地震、大丈夫だった?」3:03

既読
3:05「え?地震あったの?気づかないで寝てたよ(笑)」



地震の揺れには気付かないくせに、枕元のiPhoneのバイブレーションにはすぐに気付くところが、とても現代的だと思いつつ、そんな福岡・名古屋間のやりとりに、星空の下のディスタンスを、ほぼ感じないのである。

そりゃ、実際に「その場」に行くには、お金も時間もかかるのだけれどさ。


yykmd0101.jpg


「帰る場所がなければ、作ればいいじゃない」

そんな風に思っている、今日この頃である。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search