ノー・コントロール

What do you call that noise ?

窓の外は遠い街  

幼い頃から引っ越しが多かったので、自分には「故郷」という概念がない。
「故郷」をどう定義づけるかにもよるのだけれど。
さしあたり、両親の出身地には全く思い入れはない。

「住めば都」とは思っていない。
自分に合う街と合わない街はあると思う。

「最終的に、俺はどこに行くのだろう?」

帰る場所のない私は、大学を出たあたりからずっとそう思ってきたのだが、最近、それももうどうでもよくなってきた。投げやりな感じではなく、前向きな意味で。

それに、インターネットや携帯電話もあるし、以前に比べて、あまり「距離」を感じなくなった。

例えば、福岡は昨夜、深夜に地震があったのだけれど、名古屋に住む友達から地震直後にLINEが入った。

「地震、大丈夫だった?」3:03

既読
3:05「え?地震あったの?気づかないで寝てたよ(笑)」



地震の揺れには気付かないくせに、枕元のiPhoneのバイブレーションにはすぐに気付くところが、とても現代的だと思いつつ、そんな福岡・名古屋間のやりとりに、星空の下のディスタンスを、ほぼ感じないのである。

そりゃ、実際に「その場」に行くには、お金も時間もかかるのだけれどさ。


yykmd0101.jpg


「帰る場所がなければ、作ればいいじゃない」

そんな風に思っている、今日この頃である。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/2266-9f2dec3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■