コロスケなり

自分は決して、「サッパリとした性格」ではないので、嫌な思いも忘れない。忘れたいけれど、忘れられない。忘れちまった方が楽なのは解っているのだが、忘れることはない。

「もういいだろ、そのことはよー」

自分でもそう思うのだけれど、どんなに時間が経ったとしても、許せないことはある。

吾輩は、殺す気ナリよ。
嘘ナリよ。

例えば戦争になったとしてさ。
兵隊さんになって、「敵を殺せ!」という命令に従ったとするじゃない。

人を殺すって、どんな気分なんだろうな。
なにぶん経験がないので、よくわからないのだけれど、きっと…楽しくはないよな。

例え、憎い相手だとしても、人を殺めるのは、きっといい気分ではないと思う。



yocchan0615.jpg



そんなことを考えていたら、また日付が変わっていた。
缶ビールを飲み干したら寝ましょ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search