ノー・コントロール

What do you call that noise ?

RN.恋するウサギちゃん  

あまり興味がないバンドやグループの曲を、「あえて」ギターでコピーするのは、以前から結構好きなことである。

「え?興味がないのにコピーするの?」と思われるだろうが、これがなかなか勉強になったり、発見があったりするのが、音楽(楽器)の楽しいところでもある。

「おお、こんなフレーズがあるのか」とか、「へぇ~、こういうアプローチするのか」と、新鮮な気分になることがある。逆に、全然面白くないこともあるが、そりゃ、たまにはそんなことだってあるさ。

51scWJMQefL.jpg

さて、今夜トライしてみたのは、ポルノグラフィティによる、2000年のヒット曲、「ミュージックアワー」である。

勿論、知っている曲ではあるけれど、「ちゃんと」聴いたことはないんだよな。テレビやラジオで流れているのを耳にした程度だ。しかし、今更ながら、すごいバンド名だね。なんでこの名前にしたのだろう。






ミュージックアワー / ポルノグラフィティ

まず、コンセプトが面白い曲だな。あと、観客がみんな楽しそうだ。ライブが楽しいって、当たり前だけれど大事なことだと思う。音楽の楽しみ方にはいろいろあってさ、終始にこやかな雰囲気でいられることとか、とにかく暴れまくるぜとか、踊りまくるぜとか、ゆらゆら揺れちゃうぜとか、ステージ凝視で立ち尽くすぜとか、美味い酒呑んじゃうぜとか、ただただ音と光に酔いしれるぜとか…。選択肢は沢山あった方が楽しい。「こうでなければイケナイ!」ってのは、少し窮屈だ。


で、ギター片手にこの曲を何度も聴いていた。
サビのギターって、シンプルだけれど効果的なフレーズだな。
自分だったら、「思いついても弾かないタイプ」のフレーズだ。
潔いアプローチだと感じた。

あと、ギターとは関係ないのだけれど、ボーカルの人、歌詞を知らなくてもここまで歌詞が聞き取れるって凄いな。


うん、まぁ、あくまでも「私にとって」は、あまり興味はない音楽なのだけれど、このグループが、沢山の人達に支持されているのは、ギターをコピーしてみて、何となくわかったような気がする。

しかしなんだな、音楽的なバックボーンが見えにくいグループだ。何に影響を受けたのか、よくわからないところが面白い。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/2251-f65a6c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■