優しい雨・優しくない雨

台風の影響で、朝から雨だった。
濡れた服が体に張り付いて、とても気持ち悪かった。

夕方には、雨も風も随分弱くなっていた。
この街の空が、少しずつ明るさを取り戻してきた頃、台風は温帯低気圧に変わったようだが、東の方の街では、みんな傘を広げて歩いているのだろう。



不意に小泉今日子が聴きたくなって、TSUTAYAでベスト盤を借りてきた。



whoareyou0512.jpg


iTunesにインポートしたら、アートワークに知らないお姉さん登場。
何だチミは?
誰だチミは?



41n0vz52Bkyon.jpg


ジャケ画像はネットから引っ張ってくるとして。

なんかなー、聴いていて思ったのだけれど、私は「なんてったってアイドル」とか、「学園天国」みたいな方向性は、あまり好きではないと思った。これらの曲がヒットしていた当時も、あまり好きではなかった気がする。

新境地だとは思うんだよ。
「なんてったってアイドル」。このアプローチは斬新過ぎたし、小泉今日子さんがこの曲で、当時の日本の歌謡界(芸能界)に開けた風穴は大きいと思う。

ただ、何と言うか、「戦略」とか「マーケティング」みたいな臭いが露骨過ぎると感じてしまうのだ。いや商業音楽なのだから、それらはあってしかるべきだし、実際ヒットに繋がったのだから、大成功ではある。

あくまでも、個人的な好みの問題だろう。
小泉今日子の声質には、少し憂いを帯びた世界観のある楽曲が似合うと思う。リズムとかテンポの話ではないよ。「夜明けのMEW」とか「水のルージュ」あたり好きだ。そんな雰囲気に私が勝手にファンタジーを感じているだけなのかもしれないが。キーワードとしての「アンニュイ」。多分、そういうところに、私のツボがあるのだと思う。





■YouTube-優しい雨 / 小泉今日子


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search