justice

例えば、戦争状態にあるA国とB国があったとする。
両者ともに、正義を主張するであろう。
そこにおいて、相手は「敵」である。
「敵=悪」なのか?
自分には、よくわからない。


catbw0410.jpg


常に正しい選択をしてこれたなんて、これっぽっちも思っていない。
むしろ、ポイントで、間違った選択が多かったような気もする。
「そうするしかなかった」ことも多かったのだけれど、それは言い訳にしかならないだろう。


「元気が出るテレビ」に出ていた、エンペラー吉田さんを思い出した。
彼の信念の言葉は「偉くなくとも、正しく生きる」であった。


さて、偉いところなんか何一つない、私自身にとっての、「正しい」とは、一体どういうことなのだろうか。

これからも、間違ったことをするだろう。
きっと、悪いこともすると思う。

人から見れば。

そこで、開き直るだけの、面の皮の厚さを持つことも、時には必要なことなのだろうか。

休肝日明け、缶ビールを飲みながら、そんなことを考えている。





■YouTube-エンペラー吉田中継


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search