80年代の色彩

80spop.jpg


ページをめくっていて、グッとくるのは、世代的なものだと思うが、ノスタルジーだけでは済まされない何かがあるような気がしてならない。その「何か」を言葉にすることができないのが、もどかしくもあるのだが、言葉にしちゃった時点で、薄っぺらくなってしまうような気もする。

んんん…ある種の「薄っぺらさ」も、80年代を象徴するキーワードなのかもしれないけれどね。

個人的に印象深いのは、鈴木英人のイラストだ。

B7Jd1hVIgAAHycU.jpg


雑誌「FMステーション」のコレとかね。
カセットテープはコミュニケーションのツールでもあった。
そこで問われるセンスもあった。


170foryou.jpg

これは山下達郎のアルバムなのだけれど、そういや中学の英語の教科書の表紙もこの人だったな。


topboyo0480052113216521592.jpg


同世代のオシャレBOYは、見覚えがあるかもしれない。


80年代の亡霊は、この先いつまでも自分に取り憑いているのだろうか。
だがしかし、愛してやまない80年代である。

スポンサーサイト

コメント

ほうほう、ステーション派でしたか。私は目がチカチカするカラー🅿︎の多さと大きさを嫌い、fan派でした。

>kimiちゃん
fan派でしたか。
fanは大人なイメージがありますよ。
レコパルなんかもあったねえ。

たしかに目はチカチカするね(どぎつい青が特に)。
ステーションはFM雑誌の中でも、一番チャラい印象です(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

>非公開さん

英語の教科書ね、NEW HORIZONだな。
うん、なんか西海岸だよね。
直後のLAメタルとも、少しシンクロしているよ。
トップボーイとギャッツビーでキメた後は、タクティクスのコロンで仕上げだね。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search