ノー・コントロール

What do you call that noise ?

ゲームセンターCX  

 子供の頃は、友達がゲームをしているのを、後ろから見ているのは嫌いだった。「人がゲームをやっているのを見ていたって、面白くも何ともないよ。早く自分の順番がこないかな」と思っていた。

ところが、いつからだろう?人がゲームをプレイするのを見ているのが、苦痛ではなくなった。楽しい事すらあった。

「バイオハザード2」だったかな。同じ職場の友達が集まって、皆でゲームをしていた。そのうちの一人が、物凄い「ビビりプレイ」をする奴で、ゾンビが出てくるたびに、「うぉぉぉ~」とか、「怖いよ~」とか、「やめて~」とか叫びながらプレイしているのが、面白くて仕方なかった。どうってことないところでビビり過ぎて、パニックになりハンドガンを乱射し、弾切れになった時は、かなり笑えた。彼のプレイは「酒のつまみ」としても、立派に成立していた。


gamecentercx0203.jpg

本来、CSで放送されている、「ゲームセンターCX」が、なぜか地上波で放映されていた。よゐこの「有野課長」が、ただただゲームをしているだけなのだが、何となく全部見てしまった。

人がプレイするゲームを見ていて、「面白い」と思えるポイントが、自分でもイマイチよくわからない。芸人さんなので、随所に入ってくるコメントが面白いのは、勿論なのだが、このコンテンツの面白さは、そういうことではないと思う。

自分の場合は、(大袈裟にいえば)感情移入や、その場にいるような一体感。時間と目的(ゲームをクリアすること)を共有しているような気持ち。そして、ゲームそのものに対する、いくらかのノスタルジーの混在であると思う。

すっかりゲームをやらなくなってから、随分経つ。

久しぶりにゲームに興じるのも悪くない。

App Storeで、面白そうなゲームを検索してみようかと思っている。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/2182-b6e61ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■