麺の原料はコンニャクだった

ramencan0107.jpg


とある会社の倉庫の前に並んだ、「らーめん缶」の自販機。稼働はしておらず、おそらく、どこからか回収されてきたものだろう。

あったなぁ、ラーメン缶。物珍しさに、何度か食べたことがあったっけ。「おでん缶」ってのもあったね。そういや、最近、めっきり見かけなくなっていて、存在をすっかり忘れていた。

保存食・非常食としては、結構いい線いっていると思うのだが、「普段から、缶入りのラーメンを自販機で買って食べたいか?」って問われれば、返答に困るな。自販機で、缶コーヒーは買っても、ラーメンは…やっぱり…ねぇ。

たしか、値段は300円近かった記憶があるのだけれど、それならコンビニで、グレード高めのカップ麺買えちゃうしね。

自販機は見なくなったけれど、どうやらラーメン缶は、防災グッズというカテゴリで生き延びているようだ。必然の流れかもしれないな。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search