ノー・コントロール

What do you call that noise ?

交差点の男たち~BIG ISSUEって何なんだ?  

前々から、疑問であった。


naname1222.jpg


駅前や繁華街など、人通りが多い交差点のところで、雑誌を掲げて立っている人を見かける。手にしているのは「BIG ISSUE」って雑誌で、タダで配っているわけではなく、売り物のようだ。

「よく見かけるけれど、どんな雑誌なんだろう?」とは思うものの、なんとなく、表紙に書いてあるコピーを凝視するのは憚られる雰囲気。「どんな雑誌なのですか?ちょっと見せて下さい」と、声をかけるには、なんだか気が引ける雰囲気。雰囲気。雰囲気。あくまで雰囲気。考えすぎかもしれない。

その雑誌は、本屋やコンビニに売っていない。なぜだ?聖教新聞がコンビニやキヨスクで売っていないのと同じ感じのワケアリ感なのだろうか…?

25f3e023bigissue.jpg

検索してみると、どうやら事情は違うみたいで、公式サイトによると、

ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊しました。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。

とのこと。

ビッグイシュー日本版 販売のしくみ

なるほどね。


そのシステムや存在を否定するつもりはないのだが、値段も、何が書いてあるのかも、よく分からない雑誌を手に取ろうと思う人は、なかなかいないのではないだろうか。実際、私は読んだことがない。捨てられているのを見たこともない。たぶん、売る方も相当キツイのではないだろうか。

…なんて、他人の心配をしている場合でもないのだけれど、自分なりに考えてみた。

考えてみたのだが、どうもまとまらない。

やはり、実際に(一度は)この雑誌を読まないと、このことについて語る資格はないような気がして。しかし、興味本位で手に取るのも、少し違うような気がして難しい。




スポンサーサイト
コメント

No title

私はいつも彼らを見ると悲しい気持ちになる。
1年以上も前からいつも同じ場所で雑誌を掲げ
腕をまっすぐ上にピンとずっと上げてる。
…なんて、他人の心配をしている場合でもないのだけれど。
そして小学生の頃友達ともしも自分の母親が道端で靴磨きをしてたら
なんて話をしてたことを思い出す。

ゴリラ #- | URL
2014/12/24 16:00 | edit

「チャリティーではない」というのが、システムとしてどの程度機能しているのかが気になるところです。
勿論、これを足掛かりにして社会復帰を果たした人もいるのだろうけれど。
コンテンツとして謎の部分があまりに多いので、彼らからこれを買うのは躊躇してしまいます。

濃紺 #- | URL
2014/12/25 12:45 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/2155-4d0b9b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■