ノー・コントロール

What do you call that noise ?

鉄仮面伝説  

他者に対して、根底に、なんらかの愛情があれば全く問題はないのだけれど、やっぱり苦手な人や、嫌いな人(あまりいないけれど)には、どこか当たりが強いんだよな。逆に冷たくなったりもする。物言いがきつくなることもあるし、イライラを隠しきれていないこともある。

それは、人として自然なことなのかもしれないが、「大人としてはどうなのよ?」とも思う。

どんな人に対しても、「相手を不快にさせない」ということは、きっと大事なことだ。「八方美人であれ」ってことではなく。誰だってムカつきたくはないだろう。自分だってムカついたり、イラついたりしたくない。余計なストレスは、なるべく抱えたくないものだ。その方が、コミュニケーションは円滑に進む。

とはいえ、自分の力技の作り笑顔や、声帯レベルでトーンを補正した猫なで声が、キモイことこの上ないことは自覚している。

tkmn91924cb7.jpg

良くも悪くも、表情があればこそ、伝わることがある。

イラッとした時、カチンときた時、なるべく表情や、声のトーンを変えないよう、努めている自分がいる。ちっともできちゃいないけれど。んんん…こんな顔はいかがでしょう?いまさら、そんなところでつまずいている。


男女問わず、自然な笑顔がステキな人っているじゃない。フェイスの造りの良し悪しではなくて。そういう人から滲み出ている空気に憧れる。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/2118-ba5dc234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■