ノー・コントロール

What do you call that noise ?

0815  

hktsta0815.jpg

駅はいつもと同じようにそこに建っている。雨と汗で湿ったシャツが背中に張り付く感覚が気持ち悪いが、そんなに大したことではない。

飲酒運転の車が暴走して突っ込んでくるのと、空から爆弾が落ちてくるのは、「理不尽」という点では、大した違いはないような気がする。自分が意図せぬ出来事に巻き込まれるのはごめんだ。

足並みを揃えることは大事。孤立するのは危険だ。理念や原理が時代遅れになってしまうこともあるだろう。

「反対すること」を前提とした反対が、どれ程の意味を持つのだろうか。

どっちなんだ?
どれが正しいのか。

現代は「情報化社会」なんて言われているが、どうやら本当のことは、あまり知らされないみたいだ。
そこは、昔も今も、あまり変わっていないのかもしれない。

理想、矛盾。
そんなに期待していない自分がいる。
自分を含め、誰だって当事者になり得るのに、どこか他人事のようだ。
現実感が希薄だ。
それもまた矛盾。

大切な人達が笑顔でいられたらいい。
自分もちょっとは。
オマケ程度でいいから。
少しくらいは望んだっていいだろう。

綺麗事?偽善?
うるせえよ。
あいにくだが、「雨に降られた程度」で、全てを受け入れられる程、広い心は持ち合わせていない。


9aaac794d2ec135ecfaa2f3a38ce3051.jpg

1945年、長崎で撮影された写真。
少年は、「焼き場」で順番を待っている。
背中の弟は、もう息をしていない。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/2047-dff4bda9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■