電撃バップ

トミー・ラモーンが亡くなった。
ラモーンズのオリジナルメンバーは、全員亡くなってしまったことになる。

Ramones_-_Ramones_cover.jpg

ギターを弾き始めて、仲が良い友達とバンド組んでさ。
みんな初心者だから、難しいことは出来ないのだけれど、それでもカッコいいことはやりたくて。

そこでラモーンズのコピーだ。
「おいおい、俺達カッコよくない?」
練習スタジオの中で、自分達は盛り上がっていたのだけれど、カッコいいのは自分達ではなくて、ラモーンズの楽曲であることには、当時は気づいていなかった。

スピード感あふれる、シンプルでポップなパンクロック。
曲は短い。
ギターソロなんかない。
ドラマーが、デカい声で「ワン・ツー・スリー・フォー!」ってカウント叫んで、曲が始まる時のワクワクした気持ち。



■YouTube-Blitzkrieg Bop / The Ramones

思い出深い一曲だ。

テンポが速いから、初心者コピーバンドの我々は、きっとリズムがガタガタだったのだろうけれど、ロックのカッコよさを身をもって感じさせてくれた曲。

ラモーンズのメンバーに感謝している。

高校時代に使っていたスタジオが、今でも営業していて、何だかちょっと嬉しかった。
STUDIO B/2

自分達の頃に比べて、若者人口が少ないのは考慮しても、楽器のケースを重そうにぶら下げて歩いている高校生は、以前より少ない気がする。

理屈抜き、「ワン・ツー・スリー・フォー!」で始まるスペクタクルは、人生を変えるんだぜ。
良くも悪くもな。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search