ノー・コントロール

What do you call that noise ?

  

dmkh0621.jpg

福岡に引っ越してきてから、やたらとこの手のものを見かける気がする。
デリケートというか、アンタッチャブルな問題なのは、なんとなく空気でわかる。
誰かに質問するのも憚(はばか)られるというか。
考えすぎかもしれないけれど。

ネットであれこれ調べてみたけれど、東日本で育った自分には、いまいちピンとこない。
小学校の道徳の時間って、何やってたっけ。
教科書に載っていたのは…何か考えさせられるようなお話。
国語の教科書に載っている話とは、テイストが少し違った記憶がある。
あと、教育テレビの番組を授業で観ていたのは覚えているけれど、内容は全然覚えていない。

ネット上の世論(?)ってものは、あまり信用していなくて。
偏った意見が多いしさ。
発言している人よりも、沈黙している人の数の方が、圧倒的に多いじゃない。
嘘や噂話の範疇を出ないものも多いし。
ゲスいゴシップ雑誌みたいな視点も多い。

「本当のことが知りたいぜ!」的な、熱い思いじゃないんだよ。
ジャーナリストでもないから。

ただ、何だか少しモヤモヤするんだ。
よくわからないな。

わからなくても、普通に日常を過ごせるってのが、また何とも…ね。



【ごっつええ感じ】 豆

スポンサーサイト
コメント

(・・;)

デリケートだよね、思っている以上に。
なんだろ…朝鮮半島が近いってのもあるし、水俣やハンセン、はたまた戦争の拠点となる場所が多かったり。
普段は何も無いのに選挙のときは町が真っ二つに割れたり、と歳を重ねたから感じるのか…それとも土地柄なんだろか?

KIMI #- | URL
2014/06/22 01:32 | edit

北海道生まれの私には「???」な世界です。

道徳の時間は「さわやか3組」見てたなー。

はみみ #- | URL
2014/06/22 12:07 | edit

>KIMIちゃん
福岡だと、炭鉱も絡んでいるみたいだよ。
地理的なものと土地柄はきっと大きいよね。
近畿圏だと、またちょっと事情が違うのかも。

川を渡った途端に「あれ?」って思うことがたまにあって…言葉にするのは難しいのだけれど、「漂っている空気が違う」という感じの。雰囲気が明らかに違うんだよね。



>はみみさん
北海道は開拓文化の新しい土地だから、変な閉塞感はないよね。厳密にはアイヌの問題とかあるのだろうけれど、自分は20年程北海道で暮らしてみた限り、土着的でジメジメしたものは感じなかったよ。

参考までに。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1251640072

道徳の時間のテレビ番組って、今もあるのかな。
あっても、自分たちが子供の頃と違って、いろいろと規制がありそうだ。

濃紺 #- | URL
2014/06/22 22:02 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/2008-bc533e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■