青空ruins

少しハードな散歩というか、ゆるいウォーキングというか。
あてもなく、ただただ真っ直ぐ歩いているのも飽きたので、気まぐれに曲がってみると、知らない道に出た。

ruins05311.jpg

え?これはもしかして、近くに遺跡があるんじゃないの?
コンビニで買ったコーラを飲みながら進む。
ここ数日で、なんだか急に暑くなったな。


ruins05312.jpg

へぇ~。
こんなところに遺跡があったのか。
知らなかった。

■Wikipedia-板付遺跡

それにしても静かだな。
誰もいないじゃん。


ruins05313.jpg

復元された水田か。
それってまぁ…見渡せば土だよね。

ここは日本でも最初期の環濠集落(かんごうしゅうらく)らしい。
そういや来るときに橋を渡ったな。


ruins05314.jpg

復元された竪穴式住居。
社会科の資料集に載っていた、典型的なタイプ。

部族滞在記で、オードリー春日が訪れる村には、まだこういう家もあるな。
住宅の原点だ。

竪穴式住居の中に入れず残念。
中が涼しいのかどうか確かめたかった。


ruins05315.jpg

貯蔵穴。
電気がない時代の食料の備蓄って、きっと大変だよね。


遺跡というから、「太古のロマン!」とか、「歴史のスペクタクル!」みたいなものを勝手に期待していたので、このこじんまりとした感じと、漂う地味な空気に、いささか拍子抜けした。だが、よく考えてみれば、縄文~弥生時代の「くらし」というのは地味でささやかで当たり前なのだろう。

ruins05316.jpg

飛行機の音が響いていた。

スポンサーサイト

コメント

No title

吉野ヶ里歴史公園もお勧めします!

No title

>ゴリラさん
わりと近いので、今度行ってみようと思います。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search