ノー・コントロール

What do you call that noise ?

注射器と2種類の液体  

ベランダにカナブン(?)よくわからないけれど、虫がいて、虫だけに無視しても良かったのだけれど、やっぱり虫はあまり好きではないので、指先で挟んで放り投げた。虫は飛んでいった。

繰り返しになるが、虫はあまり好きではない。
それでも子供の頃は、カブトムシやクワガタを採った記憶がある。

採ってきたカブトムシなんかを虫かごに入れて。
エサとして、スイカの切れっ端を入れて。

結局、最後にカブトムシがどうなったのかを覚えていない。
死んじゃったんだっけ、逃がしたんだっけ。

それに引きずられてきて、蘇った記憶。
私が小学校3年生か4年生だったから、昭和55年くらいの話。

夏祭りで、クジを引いたら、昆虫採集セットが当たってさ。

1342992098.jpg

採ってきた昆虫で、標本を作るキットだ。
注射器と、赤と青(緑色だったかも)の2種類の液体が入っていて。

記憶がおぼろげなんだけれど、確か赤い液体を注射して虫を殺して、青い方が保存剤?防腐剤?そんな役割だった。

子供心に、「虫の息の根を止める赤い液体って、一体どんな成分が入っているんだ?これを人に注射したらどうなるんだ?」と思ったものだ。今思えば、殺虫剤的サムシングだとは思うのだけれど。

そして、現在思うこととしては、子供相手にあっさり注射器を与えてしまうところがね、なんというか、昭和の良く言えばほのぼの感。今だったらありえない光景だろうな。

検索してみたら、こんなのあった。

■ログ速-昆虫採集セットに入ってた赤と青の液体ってなんだったの
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1961-6100bb80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■