ノー・コントロール

What do you call that noise ?

architecture  

kaiseibld0417.jpg

信号待ち。ふと見上げると、面白い形のビルであった。
何だこの丸い穴は?意味あるのか?
いや、意味がなくてもいいのか。
よくわからないなー。

この写真じゃ、全体像がわかりにくいね。
このビルなんだけれどさ。

建築の知識は全くないのだけれど、単純に「面白いな」と思ったのだ。

で、あれこれと検索していたのだけれど、モダニズム建築とか、ポストモダン建築とか、メタボリズムとか、脱構築主義建築とか、いろいろあるんだね。奥深そうな世界だな。

どうやら私は、60~70年代の建物に、特にグッとくるようだ。
ああ、昭和初期の雰囲気もいいねぇ。
理由はないが、何か「おぉ!」と思うのだ。
思うというか、感じるというか。

これからは、少し意識して建物を見てみよう。
面白いものは、意外とすぐ近くにあるのかもしれない。

近代建築散策

大建築

スポンサーサイト
コメント

あー、これ、ヤバいわー。
ゾックゾクする。
60〜70年代の近未来感…いいよね。

以前、浮世絵を観た後に共通パスで入れるからとメタボリズム展に行ったら
大興奮してしまい、浮世絵で脳力を使い切った自分に大後悔した思い出が…。
耐震免震、アスベスト問題で解体されてゆくのが残念です。
カプセルハウスに住みたいよー!!。

はみち #- | URL
2014/04/18 07:21 | edit

No title

おお!濃紺どのもビビビと来ましたか!
60~70年代の建物は、過去と未来が混在している
不思議な魅力的がありますな。

山形の街にもいくつかそのような建物があります。
老朽化で壊されないうちに、画像に収めておきたいデスわ。

a-tekichi #t50BOgd. | URL
2014/04/18 17:19 | edit

No title

>はみちさん
かっこいいよね~。
レトロフューチャーというか、ミッドセンチュリー・モダンというか。
ああ、そうか。
建てられた当時は耐震基準が違うし、使われている材質も違うのですね!

自分の住んでいるマンションを改めて眺めてみたら、面白くもなんともありませんでしたよ…。


>a-tekichiさん
Yes!ビビビときましたね。
42歳、覚醒の春でありますよ。
60~70年代っていうと、高度経済成長期にシンクロする箇所もあり、日本自体にとんでもないパワーがあった気がして、それが建物のデザインにも少なからず影響しているのかなぁ、なんて思いますよ。

建物ウォッチングは全くの初心者なのですが、知識がなくてまっさらなぶん、何だか楽しみが1つ増えたような気分です。

濃紺 #- | URL
2014/04/19 07:20 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1958-f0ca71bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■