ノー・コントロール

What do you call that noise ?

会いたくて会いたくて…震える  

西野カナって人気あるんでしょ?

女子大生とか、若いOLさんなんかが、西野カナを聴きながら、一人暮らしのワンルームの部屋で泣いていそうなイメージだ。全くもって勝手なイメージである。

西野カナ。
名前は知っているが、顔も知らなきゃ曲もわからない。
いやいや、厳密にいうと、テレビで見たりラジオで聴いたりしているはずなのだが、全く記憶にないのだ。

若い世代の娘さんたちを、強く共感させるという、西野カナの歌とは、どんな歌なのだろう。
聴いてみた。



■YouTube-会いたくて会いたくて / 西野カナ

なるほど。
これから書くことは、あくまでも個人的な感想だ。

まずは、サウンド的には…特筆することは何もないな。
新しくもなければ古くもなく、きわめてオーソドックスな、女性ボーカルのJ-POPであると思う。

楽曲は、安定期に入った宇多田ヒカルを思わせるところがなくもないが、宇多田ヒカルの持つインパクトのようなものは、あまり感じなかった。

では、ルックスはどうなのかというと、特別キレイってわけでもなければ、すげーブスでもなく、女性に支持されるアーティストにありがちな、ファッションリーダー的なキャラクターでもなさそうで、まぁ今時の髪型に今時のメイクで、なんつーか駅前のパチンコ屋とかガソリンスタンド、またはお高くはないガールズバーでアルバイトしていそうな、どこにでもいそうな子に見える。

いやいや待てよ。
この「特別キレイってわけでもなければ、すげーブスでもない」っていうのが実は重要なポイントで、巷の女の子が親近感を感じ、自己投影しやすいキャラクターなのかもしれない。

そんな分析をしつつ、次にこの歌の歌詞に着目してみた。

会いたくて 会いたくて 震える
君想うほど遠く感じて
もう一度聞かせて噓でも
あの日のように「好きだよ」って…

今日は記念日 本当なら
二人過ごしていたかな
きっと君は全部忘れて
あの子と笑いあってるの?

ずっと私だけにくれてた言葉も優しさも
大好きだった笑顏も全部
あの子にも見せてるの?

Baby I know
君はもう私のものじゃないことくらい
でもどうしても君じゃなきゃダメだから
You are the one

会いたくて 会いたくて 震える
君想うほど遠く感じて
もう一度二人戾れたら…
届かない想い my heart and feelings
会いたいって願っても会えない
強く想うほど辛くなって
もう一度聞かせて噓でも
あの日のように“すきだよ”て…

I love you 本当は
I'm in love with you baby
I love you
But still I can't tell my words of love

「幸せになってね」と
君の前じゃ大人ぶって
そんなこと心の中じゃ
絶対に思わない

Baby I know
誰より君の全てを知ってるのに
でもどうしてもあの子じゃなきゃダメなの?
So tell me why

何度も愛してると
言ってたのにどうして
抱きしめてやさしい声で
名前を呼んで もう一度

会いたくて 会いたくて 震える
君想うほど遠く感じて
もう一度二人戾れたら…
届かない想い my heart and feelings
会いたいって願っても会いない
強く想うほど辛くなって
もう一度聞かせて噓でも
あの日のように“好きだよ”って…


…。

これは…なかなかすごい歌詞きたぞ。

別れてしまった恋人に向けての言葉だと思うのだが、ちょっと想像して欲しい。
これって、元カレ目線だと、結構怖くないか?

まぁまぁ、恋愛は始まることもあれば、終わることだってある。
失恋を一度もしたことがないなんて人は、世の中には稀であり、だからこそ世に失恋ソングが溢れ、普遍性を持ち、多くの人に共感されるのだと思う。

失恋ソングの主人公はそれぞれにドラマを持っており、「サヨナラさえ上手に言えなかった…けど、世界で一番素敵な恋をしたねワタシ」と、燃え上がった恋愛を前向きなメモリーとして捉えることもあれば、「もう恋なんてしないなんて、言わないよ絶対」と、強がってみたり、「たかがロケンロー!されどロケンロー!」と、シャウトしてみたり、「バイバイありがとうさようなら、愛しい恋人よ。あんたちょっとイイ女だったよ、だけどズルい女」と、余計なひと言をつけてみたり、「女々しくて 女々しくて 女々しくて つらいよ」と、妬んだ末に自己嫌悪したり葛藤したりと様々だ。

そこにおいて西野カナである。

元カレには既に新しい恋人がいるのを知っているのもかかわらず、「記念日だったのに君は全部忘れて、あの子と笑いあってるの?」とか「私だけにくれてた言葉も優しさも 大好きだった笑顏も全部あの子にも見せてるの?」ときたもんだ。

ウザい!
ウザ過ぎるだろ。

それで会いたくて会いたくて、どうしているかっていうと震えてるんですぜ。
なんだかなーって感じだ。

終わった恋愛に関しては、女性の方がドライであると思っていたので、なかなか衝撃的な歌詞であった。

人間関係、こと恋愛感情が絡むこととなると、男性とか女性とか、性別はあまり関係なくて、あくまでも一個人としての恋愛や失恋への向き合い方により、対応や振る舞いに違いがでるのかもしれない。

bro3725.jpg

しかしなんだな、歌詞には表れていないドラマがあったとはいえ、やっぱり私はこの歌詞の主人公の女性の言い分は身勝手だと思うし、元カレには「あの子、会いたくて震えてるらしいけれど…お前、元カノとどんな別れ方したの?」と訊いてみたくもある。

そしてそして、この歌(歌詞)に共感する女性が多いという現実に、幾許かの戸惑いを感じるのである。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1944-bd166226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■