桜の時

sakura010322.jpg

福岡では桜が咲き始めた。
まだほとんど蕾だけれど、ああ春なのかーと思う。

「俺の人生の春はいつ来るのだろう?」

頭の中で、のっぺらぼうの男が喋り出した。

「お前の人生の春など、とっくに過ぎておるわ。あとは寂しい秋と、寒い冬があるだけだ。せいぜい数少ない楽しい思い出にでも浸りながら、残りの人生を過ごしたまえ。ふははははは」

うるせえ馬鹿野郎。
首を左右にブルブルと振って、そのイメージを追い払う。

頭の中で、ベッキーが喋り出した。

「ベッキーだよ☆桜の花は、木が生きている限り、何度だって咲くんだよ♪」

さすがだなベッキー。
超ポジティヴなお言葉ありがとう。

全部、自分の脳内でなされる会話だけれど。


桜は好きだけれど、酔っ払った花見客の嬌声は、あまり好きではない。
一緒に浮かれたい気持ちもあるけれど、なんとなくそんな気分になれないのだ。

ここのところ毎年、桜の季節はなんとも言えない気分になる。
何かが捻じれている。

桜は好きだけれど。



■YouTube-桜の時 / aiko

aikoのコード進行って、なんかヘンだよね。
ヘンというか強引というか。

sakura020322.jpg

メロディはところどころ不安定なところを行ったり来たりしていて、コードを拾ってみると「何故にそこでその音を?」って和音で構成されているし、下手すりゃ気持ち悪いことになりかねないギリギリのところを突いてくるのだけれど、最終的にはポップに着地しているあたりが、個性だし才能なのだろう。

「桜の時」のコード進行については、こちらの方の記事が詳しく解説していらっしゃる。面白いなー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search