ドアをノックするのは誰だ?

「笑っていいとも!」に小沢健二ってことで、YouTubeをチェック。
オザケンってもう45なのか!と、驚いてみたが、自分も42歳なので、別段不思議なことではない。

41V66A938JL__SL500_AA300_.jpg

このアルバムなんか好きで、今でもたまに聴くのだけれど、小沢健二がお茶の間レベルでブレイクした95年あたりは、なんかムカついたね。

何で王子様みたいなキャラクターでヘラヘラしてんだよ?
バカじゃねーの?

head41NYV83NC1L__SL500_AA300_.jpg

昔のアンタは尖っていたよ。
フリッパーズ・ギターの「ヘッド博士の世界塔」なんかさ、音楽的にも尖っていた。
雑誌でも、インタビュアーをおちょくってみたりさ、見ていて痛快ウキウキ通りな存在だった。

だから、バカそうな女の子たちに、「キャー!小沢く~ん!」なんて言われて、「会いたかったよ子猫ちゃんたち」とか返しているのを見た時には、ひっくり返ったね。ジョン・レノンを射殺した奴の気持ちが、ちょっとだけ解ったような気さえしたものだ。

まぁ、女の子の熱病なんて、冷めるのも早いものだし、マイペースな活動に戻った時は嬉しかった。日本を離れたのも正解だったと思う。

あれから何年経ったのか。

45歳の小沢健二は、変わったといえば変わったのかもしれないし、相変わらずといえば相変わらずだ。

新しい音を待っている。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search