寝言

ド深夜。
早朝というには、まだ早過ぎる時間、喉がカラカラに渇いて目が覚めた。
冷たい缶コーヒーが飲みたい。
上着を着てドアを開ける。

エレベーターを降りると、エントランスホールでは太った女が携帯電話をいじっており、私を見て「何でこんな時間に?」みたいな、びっくりした顔をしている。
声をかけられたわけではないが「うるせえよ」と思う。
アンタも似たようなもんだよ。

生まれる時代が違ったら、ヒッピー文化に傾倒していたりして、酒とドラッグでヘロヘロになり、最後には自分の吐いたゲロを喉に詰まらせて死んだりしていたのかもなと思う。どこぞのロックスターじゃないんだから。

コンビニの有線。
誰が歌っているのか知らんが、その歌メロ、カーペンターズに似たようなのあったよな。

脳みそに、湿った綿ボコリがこびりついているような感じがする。
鼻の穴から掃除機のノズルを突っ込んで、吸い出したい気分だ。

早く夜が明ければいい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search