13-14 東京茨城 その1

Hiみなさま!
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

お正月は、いかがお過ごしでしょうか。
休んでいる人は、楽しんでいるかな。
働いている人は、お疲れ様です!

年末年始は、首都トーキョー&サイバーCITYイバラキで過ごしておりました。
これから4回(予定)に渡り、トーキョー&イバラキでの暮れと正月を綴っていくよ。

常々、ブログでは、「何をしたか」よりも、「どう思ったか」「何を感じたか」をお伝えしたいスタンスなのだが、テーマの性質上、「何をしたか」に偏りがちになってしまう可能性もあり。

そんなの、見ていて面白いのかな?
まあ、お時間がある方は、のんびりとお付き合いいただきたい。
それではいくよー。

■2013年12月30日

board1230.jpg

まずは、羽田に向かって出発だ。
デブでリュックを背負っていると、「裸の大将」感がハンパない。
リュックサック、久し振りだな。
空港に来るのも久し振り。

starf1230.jpg

今回は、初めてスターフライヤーを利用した。
黒い機体がかっこいい。
内装も黒を基調としていて、良い感じ。
スカイマークよりも座席がゆったりしている印象。
LCCなのだけれど、機内ではコーヒーも出て来るし、おまけにチョコレートを一欠けもらえる。
こういうのって、ちょっと嬉しい。

fuji1230.jpg

富士山!
富士山!
高いぞ高いぞ富士山!
小学生に時に、何合目かまで登ったことがあるのだけれど、いつの日か、頂上まで登りたい…なんて言っているうちに、羽田着。

shinjuku12301.jpg

バスで一気に新宿まで出た。
新宿西口、久し振りだぜ。
澁谷とか原宿とか恵比寿とか池袋じゃなくて、この新宿の空気感が、昔からなんか好きだ。

お腹も空いてきたので、「えびそば一幻」を目指して歩く。

shinjuku12302.jpg

道を一本間違えた。
どこから撮っているかわかるかな?
わかったYouは、新宿マスター。

で、一幻に辿りついたのだけれど、ここでショックな出来事が!
定休日なのか、年末のお休みに入っているのか、店が閉まっていた。
楽しみにしていたのだけれどなー。

jiro12301.jpg

残念な顔をして歩いていると、ラーメン二郎を発見。
二郎のラーメンは、一度食べてみたいと思ったので、これはこれで素敵な出会いなのか?
空腹もピークなので、入ってみることにした。

jiro12302.jpg

トッピングの複雑なオーダーの仕方はわからない、二郎ビギナーなので、デフォルトで。
それでも、もやしの量がすごいな。
食べ初め、少し薄味に感じたのは、野菜から出る水分であろう。
食べ進めるうちに、味が濃くなっていったような気がした。
きっと、丼の底の方から混ぜながら食べた方が良かったのだろうな。

ところでこれは…ラーメンなのか?
ラーメンとは少し違う概念の、独特の食べ物のような気がした。
正直「美味しい!」とは思わなかったけれど、中毒性があるのは、なんとなく理解できる味だった。
ラーメン二郎は、店舗によって、味に違いがあるようなので、一軒訪れただけで判断するのも違うだろう。
機会があれば、別の店舗でも食べてみたい…ような気もするが、一度食べれば、それで十分な気もした。

disk12301.jpg

最近オープンした、disk union 昭和歌謡館に行ってみた。

disk12302.jpg

かなりDEEPかつカルトな品揃えに驚愕。
今更ながら、アナログのレコードプレーヤーが欲しくなった。
昭和歌謡の世界は、奥深いものがありそうだ。

shinjuku12303.jpg

雑踏。
吹く風が冷たい、東京の冬。

そんなこんなしているうちに、いい時間になったので、ホテルにチェックイン。
一服してから、東京在住の友人Hと待ち合わせることに。
元々は、お互い札幌にいる時からの友達だ。
会うのは数年ぶりだ。

無事にHと合流。
「やぁ、久し振り」なんて言いつつ、あまり久し振りな感じがしないのは、携帯電話やインターネットの恩恵かもしれない。ともすれば、マイナス要因として語られがちな、携帯・ネットコミュニケーションであるが、私自身は、そうは思っていない。上手に使えば、時間も場所も飛び越えることのできる、とても便利なツールである。

yasukuni12301.jpg

Hと心地よいバカ話をしながら、都営新宿線で、九段下へ。
靖国神社に行ってみたかったのだ。

思想的に、深い意味があるわけではないのだが、一度はお参りしておきたい場所だったからだ。
国を護(まも)るということは、自分にとってはあまりピンとこないし、いまいちリアリティがないのだけれど。
ほんの数十年前のことを、自分はよく知らない。

yasukuni12302.jpg

ところが、行ってみると、靖国神社は閉門していた。
17:00で閉門だったようだ。
下調べをしておけばよかったが、これはきっと「出直して来い」という意味なのだと思うことにした。
もうちょっと、いろいろなことを考えて、整理してからね。
必ず、また来ますよ。

yamachan12301.jpg

新宿へ戻り、「世界の山ちゃん」へ。
福岡には、「山ちゃん」ないんだよねー。

yamachan12302.jpg

手羽先とビール、最高だ。
昔話だけではなく、今のこと、これからのこと。
久々に会う友達と過ごす時間は、楽しいものだ。

Hが携帯電話で、誰かとしゃべっている。
電話を渡された。

もしもし?

電話から聴こえてきたのは、Sくんの声。
彼も今は東京で暮らしているが、元々は札幌の出身だ。
同じ頃に、よく一緒にライブをやったっけなあ…元気そうでなにより。

Sくんにも会いたかったのだが、彼には「女と一緒に伊豆に旅行に行く」という、非常に正月っぽい予定があり、まぁ、それはそれで幸せそうで良いじゃないか。また連絡するからよ。そん時ゃ会おうぜなんて言って、電話を切った。

トーキョーには、会いたい人が、いっぱいいるのだが、さすが年末。
それぞれみんな、忙しそうだ。
年末年始関係なく、仕事の人もいるしな。

運とか縁とかお金とかタイミングとか、いろいろあるけれど、会いたい人には出来るだけ会いに行こうと思う。
会える時に会わないとさ、なかなか会えないからさ。

私は、そんなことを思いながら、ディスプレイを見つめている。

何杯かのジョッキを空にして、別れ際にHと握手した。
それじゃ、またな。
また会えるよな。
お互い、元気でいような。
スポンサーサイト

コメント

門が閉まってる靖國は初めてだったよ'`,、('∀`) '`,、
今度は明るい時間に行きましょうm(_ _)m

濃紺先生のお陰でSくんとも飲めたし。
何が、きっかけになるか分からないもんだね。ありがとう。
次は東京か福岡で乾杯しましょう☆。

良い年になるよう頑張りましょうね!!

No title

>はみちさん

閉門靖国もレアってことで(笑)

年末のクソ忙しい時におつきあいいただきまして、ありがとうでした。
今度はSくんも交えて飲みましょう。

遅れましたが、ハッピーニューイヤー。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search