二匹目のドジョウ



■YouTube-ソウル・ドラキュラ

70年代のディスコ・ミュージックをあれこれ聴いていた。
自分のルーツ的には、大きくウェイトを占めるジャンルではないのだけれど。

子供だったしね。
でも、子供ながらに、聞き覚えのある曲やフレーズも、結構あったりしてさ。
あと10年早く生まれていたら、こういう音楽が「青春の1ページ」にあったのかもしれないな。

こういうのも、面白いものだね。
現在のダンス・ミュージックといえば、コンピュータを使った、所謂「打ち込みモノ」が主流なのだけれど、70年代だと、生楽器のグルーヴで。
ソウルやファンクの要素も、バリバリにあって。

おおっ!と思う曲もあれば、あまりピンとこない曲もあったりするのは、きっとどの時代、どのジャンルにでもあることでさ。

あと、判断に非常に困る曲ね。

ある曲がヒットすると、基本的なフォーマットを踏襲して作られた、「二匹目のドジョウ」を狙った曲がリリースされるのは、今でも珍しいことではないけれど…。



■YouTube-ソウル・フランケンシュタイン

こ…これはなかなかドイヒー。
全体的に漂う、「まぁ、こんな感じにしておけばいいんじゃね?」的な感じと、滲み出てしまうやる気のなさ。

安直なタイトル付けからの世界観。
ある意味あっぱれなのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search