君は1000%

ライブを観に行ったとしてさ、本編が終わって、ステージが暗転すると、どこからともなくアンコールの声が上がるじゃない。

「アンコール」

手拍子を打っているうち、ほとんどの人は「アン」と「ル」のところで手を叩く。
1拍目と3拍目ね。

「アン」「コー」「ル」「休符」って、4拍全部で打っている人もいるな。

私は「コー」と「休符」のところで手を叩く。
2拍目と4拍目だ。
ちょっと通っぽくて、かっこいいだろう?
是非一度試してみて欲しい。

そんなことを考えていて、ふと思い出したのがこの人だ。



■YouTube-君は1000% / 1986オメガトライブ

カルロストシキ。
その姿は、まるで落ち着きのない子犬のようである。
なんと彼は8分音符ベタ打ちでリズムをとっているのだ。
一体どんなリズム感をしているのだろう。

まあ、カルロストシキがリズムをどうとろうが、久し振りに聴いたこの曲…嫌いじゃないぜ。
スポンサーサイト

コメント

No title

たっ・・確かに落ち着きがない子犬のごとし!
よくこのリズムの取り方で歌えるなぁ~と感心してしまいました。

ビバ!トシキ!
ビバ!80年代ッ!!

No title

■a-tekichiちゃん
すごいですよね~カルロス。
あの、甘いマスク(死語)から繰り出される、小刻みなリズム。
きっと独特のリズム感があるのでしょうね。

近頃、また自分の中で80年代がアツイです。
多感な時期を過ごした時代ってこともあり、思い入れも深い年代です。
80年代を、いろいろな視点から振り返り、掘り下げて考察していきたいものです。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search