ノー・コントロール

What do you call that noise ?

君は1000%  

ライブを観に行ったとしてさ、本編が終わって、ステージが暗転すると、どこからともなくアンコールの声が上がるじゃない。

「アンコール」

手拍子を打っているうち、ほとんどの人は「アン」と「ル」のところで手を叩く。
1拍目と3拍目ね。

「アン」「コー」「ル」「休符」って、4拍全部で打っている人もいるな。

私は「コー」と「休符」のところで手を叩く。
2拍目と4拍目だ。
ちょっと通っぽくて、かっこいいだろう?
是非一度試してみて欲しい。

そんなことを考えていて、ふと思い出したのがこの人だ。



■YouTube-君は1000% / 1986オメガトライブ

カルロストシキ。
その姿は、まるで落ち着きのない子犬のようである。
なんと彼は8分音符ベタ打ちでリズムをとっているのだ。
一体どんなリズム感をしているのだろう。

まあ、カルロストシキがリズムをどうとろうが、久し振りに聴いたこの曲…嫌いじゃないぜ。
スポンサーサイト
コメント

No title

たっ・・確かに落ち着きがない子犬のごとし!
よくこのリズムの取り方で歌えるなぁ~と感心してしまいました。

ビバ!トシキ!
ビバ!80年代ッ!!

a-tekichi #t50BOgd. | URL
2013/12/04 21:34 | edit

No title

■a-tekichiちゃん
すごいですよね~カルロス。
あの、甘いマスク(死語)から繰り出される、小刻みなリズム。
きっと独特のリズム感があるのでしょうね。

近頃、また自分の中で80年代がアツイです。
多感な時期を過ごした時代ってこともあり、思い入れも深い年代です。
80年代を、いろいろな視点から振り返り、掘り下げて考察していきたいものです。

濃紺 #- | URL
2013/12/05 01:57 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1851-036c7f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■