ノー・コントロール

What do you call that noise ?

リアリティの欠如と、間接的な影響  

(残念ながら、私は行けないのだが)ポール・マッカートニーの福岡公演が開催される。
昨日、ポールは、大相撲九州場所を観戦したそうだ。

「ポール・マッカートニーが、今、同じ街にいる」

なんだか不思議な感じがするのだ。

paul350.jpg

生まれた時には、ビートルズは既に解散していた。
ジョン・レノンが射殺された時の、テレビのニュースを、なんとなく憶えている。

41aJVwoYT5L__SL500_AA300_.jpg

勿論、ビートルズのアルバムは一通り聴いた。
ホワイト・アルバム、リボルバー、サージェントペパーズ~、ラバーソウル…きりがないな(ビートルズの話は、またの機会に)。

どうも、ポール・マッカートニーが、歴史上の人物のような気がしてならない。
そんな人が、現在、リアルタイムで同じ街にいるという事実が、どうもピンとこないのだ。

ビートルズがもたらした数々は、音楽史における革命の数々であろう。

そして、ビートルズのアルバムは一枚も持っていなくても、ビートルズの曲を一曲も知らないという人は、おそらく居ないだろう。

個人的には、ビートルズからの直接的な影響はあまりないのかもしれないが、間接的な影響は、そりゃもう絶大なのである。

もし、ビートルズが存在していなかったら。
ポール、ジョン競作の楽曲の数々がなかったとしたら。
現在の音楽は、今とは少し違ったものになっていたのかもしれないね。




■YouTube-HELP / The Damned




■YouTube-HELP / BOOWY&吉川晃司
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1835-486b6c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■