肉食

冬物の服あれこれを見たり、試着したりしてみた。
わかったことがある。

「デブは何を着てもデブ」

いくら服がかっこよくても、自分はかっこ悪いんだよね。

逆に、あまりガリガリでも、それはそれでかっこ悪いのだけれど。

「ちょうどいいバランス」って大事。

鏡の中に豚野郎。

bar11101.jpg

そんな豚野郎は、久し振りにイタリアンを食べに行った。

bar11102.jpg

スペアリブが、まー!美味くてね。
肉の匂い、肉の歯ごたえ、肉の味。
the肉って感じで。
スペアリブは、いつも裏切らないよ。

一切れ何グラムあるのか知らないけれど、結構なボリュームでさ。

あ、そうそう。

グルメレポなんかで、よく見聞きする「ボリューミー」って言葉あるじゃない。

「ボリューミー」って英単語は、私が持っている辞書には載っていないんだよね。
何でも「y」を付ければ、形容詞にはならないと思うのだ。

「voluminous」じゃないのかなぁ?
…まあ、いいや。

で…何だっけ?
そう、スペアリブは、結構なボリュームだったのだけれど…。

bar11103.jpg

一切れじゃ、全然足りなかったという、食いしん坊ぶりで、こんな食べ方をしているから、相変わらずの豚野郎なのだけれど、スペアリブに罪はないのよ。

スペアリブは、むしろ正義だ。

肉の塊に、欲望のおもむくままにむしゃぶりつく私は、まるで煩悩の塊の化身のようだった。

醜いかもしれないが、だがしかし!

それでも豚野郎は、肉を愛してやまないのである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search