REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜

Maybe20Tomorrow20Album.jpg

REBECCAがロックか否かは、自分にとってはどっちでも良くて。
1985年11月リリース。
REBECCAがブレイクしたアルバムと言ってよいだろう。

物凄く久し振りに聴いたら、14歳の時に見ていた風景や、その頃の気持ちが、鮮明に蘇ってきた。
記憶と音楽は、結びついている。
甘酸っぱさや、ほろ苦さ、14歳なりの希望と絶望。

hotc1026.jpg

土曜日の夜中には、こっそり家を抜け出して、でも行くところもなくて、歩道橋の上から、通り過ぎる車を、ただただ眺めていたりしたな。

今でも、やっていることは、あまり変わっていないな。

mbm1026.jpg

年齢的にはすっかり大人になって、それこそ14歳の子供がいたっておかしくない。
でも、人間的には、あまり成長していないかもな。
あはは。

今の14歳と、あの頃の自分。
時代は随分変わったけれど、考えていることは、あまり変わらないのかもしれないね。
14歳の子と接する機会なんて、全くないから、わからないけれど。

眠れなくて、さっきコンビニに行ったんだけれどさ。
つぶれたボーリング場の、入口の階段に座り込んで、音楽を聴いている、中学生くらいの女の子が居たんだよね。

こんな夜中に、一人でね。
14歳の頃の自分も、こんな感じだったのだろうな。

彼女は、何を思っているのだろう。
どんな音楽を聴いているのだろう。
今、君が聴いている音楽は、40歳を過ぎてから聴いた時にも、きっと今の気持ちと、真夜中の空気の匂いと、お尻の冷たさを思い出させるんじゃないかな。



■YouTube-.REBECCA - Private Heroine(Secret Gig '86 Live Version)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search