Bring The Noize

頭の中が、どんどんクリアになっていくようだった。
視界は良好。
車が道路を通る音の分離が良い。
口が半開きになり、ヨダレが垂れそうになる。

気分が良かった。
足取りも軽かった。
その時までは。

以前から、白い紙を、鉛筆でグチャグチャに塗りつぶすイメージが、突然襲ってくることがある。
目に見えるモノではなく、脳に直接浮かんでくる感じだ。

それはいつも突発的で、何かきっかけがあってのことではない。
非常に不愉快である。
同時にそれは、不安や恐怖を煽るのだ。

どこかに連れていかれそうな気がする。
おいおい!やめてくれ!と思う。

lmp1022.jpg

湿っぽいコンクリートの壁に手をついて、目を閉じていた。
頭上の線路を、列車が通り過ぎる。
ガタガタという規則的な音を聞いていると、次第に現実が戻ってくる。

「キチガイじゃん」と思う。
「気のせいだ」とも思う。
「誰にでも、よくあることだ」と思わないでもない。

ゲホゲホと咳き込んで、側溝に唾を吐き捨てた。
お行儀悪くてすまんね。

なんつーか、Take care.
超おつかれ。
見えない敵と戦っても報われないのは知っているのだが、こっちも好きで戦っているわけじゃないんだぜ。

おい!紙と鉛筆!
紙は破ってやるし、鉛筆は折ってやるからな!

覚悟しておけ。



■YouTube-Bring The Noize / M.I.A.
スポンサーサイト

コメント

最近、シャワーを浴びてる時に涎ダーダーな事に気づいたw。
気ぃ抜き過ぎなのかな。

見えない敵は嫌だね。
こっちは初期装備だから鱗の鎧が臭くて、しょうがない。
ウチのも結構厄介だから今度、戦わせてみるかw。
PSのCDでモンスター作るソフトなんだっけ?。
そんな感じで遊べたら面白いのにね。

風邪お大事に。

No title

■はみちさん
うん、あいつらは本当に厄介ですね!
実体がないから、なおさら面倒です。
楽しめるレベルまで行くには、相当長い道のりですよね。

あ~、なんかそんなゲームありましたね。
ビブリボンじゃないし…何だっけ?忘れてしまいました。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search