ノー・コントロール

What do you call that noise ?

Night Birds  

underpass1006.jpg

夜の帰り道。
目の前の、どうでもいい景色。

唐突にShakatak(シャカタク)が聴きたくなる。

シャカタク(Shakatak)はイギリスのフュージョンバンドである。
アメリカのジャズを起源とするフュージョンとは異なり、アドリブ偏重ではなく旋律と編曲を重視した親しみやすいサウンドが特徴で、1980年代においてレベル42と人気を分かち合い、ブリティッシュ・ジャズ・ファンク・シーンを盛り上げた。




■YouTube-Night Birds / Shakatak

ベタだけれど、この曲から聴きたくなった。
ね、聴いたことあるでしょ。

heartc-360x360.jpg

漫画「ハートカクテル」的な…。

629fmstation.jpg

または、鈴木英人のイラストのような世界観がよく似合う。

時代とのシンクロもあるのだけれど、バブル前夜~バブル真っ只中な香りがプンプンするなぁ。

何というか、「アダルトでアーバンな…」ってな具合に、思わずカタカナで形容したくなる、大人で都会的な雰囲気だ。

まだ子供だった私は、「大人の恋人同士はきっと、カーステレオで、こういう音楽をかけながら、ドライブなんかしているのだろうな…クゥ~ッ!」なんて思っていた。

Shakatakの「Night Birds」には、都会の夜景が良く似合う。
眠らない街、サイバー・シティ・ミッドナイト・クルージングDA☆YO☆NE。



■YouTube-Night Birds ( Extended 12inch Dance Mix )

なんて思っていたら、やはり同じ感覚の人がいたようで、こんな動画があった。
ああ、こういうアレンジも面白いね。
ベースがもっと、ブリブリバキバキいっていたら、更に好み。




アルバムだと、「Golden Wings」を、よく聴いたなぁ。
このアルバムの楽曲は、ドラマ「男女7人秋物語」のBGMに全面的に使われたので、そっち経由でShakatakを聴いたことがある人も多いと思う。



■YouTube-Golden Wings / Shakatak

タイトル曲はコレね。
いつ聴いても、特に流れるようなピアノソロがしびれるな。

以前、自分の中に「Shakatakに合わせて、ギターでアドリブを弾きまくるブーム」が起きたのだけれど、難しかったよ。ちっとも上手くはまらない…って、そりゃそうだよね、ペンタトニック一発!みたいな、所謂ロックなギターではなくて、もっと違うイディオムが要求される音楽だ。

それが悔しくてね、「なんちゃってジャズギター」って本を買ってきて、勉強したのも良い思い出…というか、良い経験だったと思う。

相変わらず、ギターに関しては「なんちゃって」だけれどね。
スポンサーサイト
コメント

No title

あーーーーーーッ!!!!!
これだったのかーーーッ!!!!!!!

あぁ〜 今井良介と桃子を思い出すなぁ…。
またひとつ勉強になりました。

izumi #- | URL
2013/10/07 03:50 | edit

No title

■izumiさん
Golden Wings聴くと、キュンキュンくるよね。
このアルバム、他にも聴いたことがある曲がいっぱい入っていると思われ…きっと、いろいろなシーンがフラッシュバックすると思いますよ☆

サントラ的な側面を差し引いたとしても、とても良いアルバムなので、機会があったら手にとってみて下さいね。超オススメです!

あ、たまには貞九郎のことも、思い出してあげて下さいね(笑)

濃紺 #- | URL
2013/10/08 02:07 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1799-44589e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■