Visions of Japan

欧米人の目に映る日本人や、日本の文化は、時に奇妙なものなのかもしれない。
東の果ての、小さな国だ。
興味深かったり、あるいは不気味だったりするのだろう。

250px-Geisha_vs_Ninjas.jpg


偏見や先入観、勘違いも多いと思われるが、そういったフィルターを通った「日本」を、日本人が見ると、笑ってしまうような、困ってしまうような。

「彼らには、こう見えているのか」とか、「こう思っているのか」なんて、発見もあったりするのだけれどね。

音楽だと、後期JAPANが奏でる、オリエンタルな旋律とか、「とりあえず、琴の音をブッ込んでおくか」って感じの、Cureの「Kyoto Song」とか。

映画だと、「ティファニーで朝食を」に出てくる、昔のステレオタイプな日本人とか、「オースティン・パワーズ」における「ジュードー・チョップ!」とか、伝説のカルト映画、「ベルリン忠臣蔵」とか。

そういうのを見たり聴いたりする度に、面白かったり、脱力したり、「むむむ」と唸ってみたりするのだ。

なんて書いているけれど、テレビの中の時代劇では、チョンマゲのサムライが、刀を振り回しているのだから、そりゃ、外国人は混乱しても仕方ないよなぁ…なんて思う。

洋の東西による文化の違いや、時代考証のズレなんかも含めて、非常に伝わりづらい、ジャパニーズ・カルチャーの中で暮らしている我々だって、メイド・イン・ジャパンの何かに疑問を持つこともあるもんね。



■YouTube-10 Crazy Facts About Japan
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search