ノー・コントロール

What do you call that noise ?

ラストシーン  

「あまちゃん」、終わってしまったね。
録画組も、もう見終わった頃だと思うので、そろそろ最終回に少しばかりかすったことを書いても良いだろう。

押し付けがましくない前向きさと、じんわりとしたハッピーが混在する終わり方で、良かったなぁと思った。

まあ、朝の連ドラなので、そうそうBAD ENDINGはないだろうけれど。

BVNBJcsCAAEa7iV.png

アキとユイが、トンネルを駆け抜けて行くシーンが印象的だったのだけれど、このシーンに既視感があってね。

何だっけ?
クドカンだし、何か元ネタがありそうな気もするのだが、きっと気のせいだろう。

元ネタが、あってもなくても、良いラストだったと思う。

話は変わり…。

大学生の頃に、フランス映画を観まくっていた時期があってさ。
今思えば、それは決してオシャレさんを気取っていた訳ではなく、単に背伸びをしていただけかもしれないけれど。

難解だったっり、不条理だったり、救いようの無い話も多くてね。
自分なりに、その作品の「意味」を考えていたものだ。

「ハッピーエンドではない結末もある」ってことを、それらの作品達は、イヤという程突き付けた。

後味の悪いラストシーン。
意味はわからずとも、強烈にインパクトのある色彩。
エンドロールを眺めながら飲む、すっかり冷めたコーヒーは、それはそれは不味かった。

それからの、自分の薄っぺらい人生において、「上手くいかないことの方が多い」という現実を思い知った。
フィクションではない。
現実だ。

儚(はかな)さの中に、美学を見出す余裕は、今の自分にはない。
そんなことより、明日の昼飯の方が、大問題なのだ。

あの頃、わかった(つもりになっていた?)はずの、「意味」は、今の自分ならば、また少し違った解釈をするのかもしれない。

虚構と現実のすり合わせ作業のような気もするが、若い頃に観たフランス映画を、今一度見返してみるのも、また一興だ。

20歳の頃に受けた衝撃は、41歳になった今でも、衝撃的なのだろうか。
感受性は老いるのだろうか。
それとも、経験値がそれを凌駕するのだろうか。

ラストシーンを観て、その時、自分は何を思うのか。

非常に興味深いところだ。



■YouTube-「気狂いピエロ」Pierrot Le Fou(1965仏・伊)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1793-325fd222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■