マッチョ・ドラゴン

少し酔っているせいだろうか。
いや、違うな。
冷静に聴いても、この楽曲の破壊力は凄まじい。



■YouTube-マッチョ・ドラゴン / 藤波辰巳

何故、プロレスラーが歌わなければならないのか?
愚問である。
そこにリングがあるから、彼らはリングに上がり、そこにマイクがあるから歌うのだ。

音作りから、80's NEW WAVEの香りを感じるのは気のせいだろうか。
肝心のサビを、本人が一切歌っていないというアレンジが、これまた斬新すぎる。

私も歌は上手な方ではないが、これこそリアルなジャイアン・リサイタルである。
ボエ~♪
スポンサーサイト

コメント

あら懐かしいw。
聴いてると力抜けてくるよね、色んな意味で。

ちなみにドラゴンと名勝負数え歌を繰り広げた
長州力の入場曲は平沢進が14(13)?ビットで、やっつけ仕事で作ったそうです。

No title

■はみちさん
聴く者に、これほど脱力感を与える曲も珍しいですよね。

長州力の「パワーホール」は名曲だと思います。
あれがやっつけ仕事だとは、平沢先生、さすがですね。
時代的に、おそらく16ビットのマシンで作られたと思います。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search