仰げば尊し

高校の卒業式の記憶が、ほとんどない。

大学には落ちた。
中途半端な進学校の中で、私は完全に落ちこぼれだった。
そりゃ、勉強もしないで、ギターばかり弾いてりゃ、そうなるよな。

別れの名残を惜しみ、教室や校庭で談笑する友人の間をすり抜けて、逃げるように家路についた。
とても惨めな気分であった。

「はあ、明日からは浪人か…」

社会人でも学生でもない、宙ぶらりんな日々が始まる。

「やってらんねーよ!」

広瀬川の堤防を歩く。
内ポケットからタバコを取り出し、火をつける。
卒業しちまったんだから、もう停学に怯えることもない。

すれ違った、犬の散歩のババアが、汚いモノでも見るような目付きで私を見た。
風が強い日だったことだけは、はっきりと憶えている。

ちょっとだけ後悔していることがあってさ。
あの日、逃げるように学校を後にしたものだから、友達に「さよなら」を言えなかったこと。
ちょっと好きだった(?)あの子にもね。

家に帰って、私は本当に…本当に久し振りに、「自主的に」参考書を開いたのだった。



■YouTube-仰げば尊し / ザ・スターリン
スポンサーサイト

コメント

No title

同じく!

後悔はいっぱいあるけど、
もう一回あの当時に戻りたくはない、絶対!

だから、今の自分があるんです!

No title

■ニ野さん
そうですね。
後悔はあるけれど、「戻りたいか?」といえば、答えは微妙ですね。
そんな後悔も含めて、今がある。
それを受け入れないといけないのでしょうね。

あの娘

何の下心もなく、
あの娘を探してみればいいのに。
Facebookとか、、、

No title

■ゴリラさん
それは良い考…いや、やっぱりやめておきます。
「もう終わったこと」なので。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search