ノー・コントロール

What do you call that noise ?

落陽  

パチンパチン。

夕暮れ時、ベランダで咥えタバコ。
椅子に腰掛けて、足の爪を切っていた。

足先が冷たい。
もう12月だもんな。

足の爪は、気が付くと、いつの間にか伸びている。
これは何かの役に立っているのだろうか。

爪を切りながら、いろいろな事を考える。
「例エバ自分ガ死ンダラ…?」
なんて事も考える。

いや、別に死ぬ気なんかこれっぽっちもないよ。
でも、何となく考える。

お墓なんていらない。
死体は可燃物のゴミと一緒に捨ててくれて構わない。

でもなー、うーん。
常々、人間が食物連鎖に入っていないのはおかしいと思っている。
我々は、動物や植物の命と引き換えに、メシを食っているのだ。
最後くらい、身をもって、何かの役に立ちたいものだ。

鳥葬なんてどうだろう。
海に流してもらって、魚のエサになるのも良い。

まあ、どちらも法律的に無理なんだけれど。

もうすぐ日が暮れる。

パチンパチン。
スポンサーサイト
コメント

深爪

中学の体育の授業でバスケットボールをしていたら
指先が血だらけになって
保健室へ行ったら保健の先生に
「爪を切りすぎ!爪は指先を守ってるんだから」って言われたよ。

きっと足の爪もつま先を守ってくれてるんだと思う。
足の爪も深爪しちゃうけどね。

ゴリラ #- | URL
2012/12/03 10:50 | edit

No title

■ゴリラさん
なるほど。
あんなに小さい、足の小指の爪にも、存在意義はあるのですね。

濃紺 #- | URL
2012/12/04 00:11 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1577-2dc827be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■