落陽

パチンパチン。

夕暮れ時、ベランダで咥えタバコ。
椅子に腰掛けて、足の爪を切っていた。

足先が冷たい。
もう12月だもんな。

足の爪は、気が付くと、いつの間にか伸びている。
これは何かの役に立っているのだろうか。

爪を切りながら、いろいろな事を考える。
「例エバ自分ガ死ンダラ…?」
なんて事も考える。

いや、別に死ぬ気なんかこれっぽっちもないよ。
でも、何となく考える。

お墓なんていらない。
死体は可燃物のゴミと一緒に捨ててくれて構わない。

でもなー、うーん。
常々、人間が食物連鎖に入っていないのはおかしいと思っている。
我々は、動物や植物の命と引き換えに、メシを食っているのだ。
最後くらい、身をもって、何かの役に立ちたいものだ。

鳥葬なんてどうだろう。
海に流してもらって、魚のエサになるのも良い。

まあ、どちらも法律的に無理なんだけれど。

もうすぐ日が暮れる。

パチンパチン。
スポンサーサイト

コメント

深爪

中学の体育の授業でバスケットボールをしていたら
指先が血だらけになって
保健室へ行ったら保健の先生に
「爪を切りすぎ!爪は指先を守ってるんだから」って言われたよ。

きっと足の爪もつま先を守ってくれてるんだと思う。
足の爪も深爪しちゃうけどね。

No title

■ゴリラさん
なるほど。
あんなに小さい、足の小指の爪にも、存在意義はあるのですね。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search