too much

地下鉄はホームに滑り込み、ゆっくりとドアが開いた。
一人の「おばさん」が乗ってきた。
年齢は50過ぎくらいだろうか。

何てことはない、日常の一コマであるが、何だろう?この違和感は。

私はすぐに違和感の原因に気付いた。
彼女の服装、髪型、メイクが、10~20代のヤング仕様なのだ。

「実年齢より若く見られたい」
その気持ちは解らなくもないし、私にも多少あるのかもしれない。

「アンチエイジング」なんて言葉も、すっかり定着したと言えよう。

しかし、しかしだ。
全力で老化に抵抗した、「単なる行き過ぎた若作り」は、滑稽であると言うより、むしろ見ていて痛々しい。

歳相応でいいじゃねえかよ。
気楽に行こうぜ。
と思った昼下がりであった。
スポンサーサイト

コメント

回顧

私も自分を顧みながら…

年不相応(上の人が下の物を)の服装は
かえって老けて見せる、って、
ドン小西が言ってたっけ。

キョンキョンがもし実年齢より若く見えるなら
彼女は年相応にみられる努力をしてる、らしい。

この「おばさん」がいまどきの10~20代の仕様をできていたのなら
きっと心持は若いのかな?
もうひと越えだね。
50代に見えた、とのことなら、きっと40代だね。

No title

■ゴリラさん
ドン小西もたまには良いこと言いますね。
何かね、凄い違和感あったのですよ。
自然体で若く見える人は良いのですが、「頑張っている感」が滲み出すぎると、痛々しいなと。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search