一瞥

男が、空き缶を目一杯詰め込んだ、大きな袋を自転車の荷台に乗せていた。

男は転倒し、歩道に空き缶が散らばった。

男は空き缶を黙々と袋に詰め始めた。

「手伝いましょうか?」

そんな言葉は出ず、私は男の横を通り過ぎた。

道端に、鳩の死骸が落ちていた。

私は、なるべくそれを見ないようにして、死骸の横を通り過ぎた。

人が本来持つ、優しさだとか、愛情だとか、思いやりについて、しばらく考えてみたが、答えはでなかった。

それらは「ヒューマニズム」という単語に集約されるかもしれないが、やはり答えは出なかった。


【2012年のラーメン 32杯目】
ゆず
★★
rtan0610.jpg
メニューには「ラータン麺」と書いてあったのだが、坦坦麺とは何が違うのだろうか。
胡麻の風味が強いスープだった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search