No Fun

約20年前の、ちょうど今くらいの季節の話だ。
その日、私は、初めて合コンに誘われたのであった。

大学の友達の友達に誘われたのだ。
「濃紺くんとしゃべってみたい」って女の子も来るからさ。

合コンか。
大学生らしくていいじゃない。
私は夜のススキノに繰り出した。

ところがだ。
行ってみたら、これが全然楽しくない。
全ての話が、私には興味のない話ばかりであった。

話題はお決まりの、「どんな異性がタイプ」って話になった時だ。

皆は「やっぱり優しくて可愛くて~」とか何とか、当たり障りのない答えをしている。

全くつまらないぜ。
大学生の合コンって、こんなもんかよ?
お前ら全員ファックオフ!
私は無言でジョッキを傾けていた。

「で、濃紺くんは?」

そうだな…。

私はタバコの煙を天井に吐き出すと、こう答えてやった。

「やっぱりフェラチオが上手な子かな」

…。

場は凍りつき、時が止まった。

我ながら尖った答えである。
私としゃべってみたいと言っていたという女の子も、明らかにひいている。

が、そんなの関係あるか!
私は畳み掛けた。
男性陣に対し、「じゃあお前ら、フェラチオ下手な女でもいいのかよ?歯ぁ立てて、ガリガリやられても満足か?」

テーブルは、水を打ったような静けさだ。
当時の私は、ある意味ジャックナイフであったが、空気が読めないとはこのことである。

全くつまんねえぜ。

その後の記憶はあまりないが、「見たいテレビがある」と言い残し、5000円札をテーブルに叩きつけて帰ったことは、何となく憶えている。

勿論、その後、私が大学の友達から合コンに誘われることは二度となかったが、あの一言を決して後悔はしていない。

帰りの地下鉄の中、ウォークマンで聴いていたのは、SEX PISTOLSの「No Fun」であった。



■YouTube-No Fun / Sex Pistols
スポンサーサイト

コメント

面白い!! さすが濃紺さん(笑) 私ならその話題のっかりますね(笑) 気骨溢れるハナシだ!!

No title

■きんちょさん
その場の誰もが見事にのっかりませんでしたよ…;
どうやら私は合コンには向いていないようです。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search